インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

iPhoneがデザインで制していた時代は終わったが、それでも使ってしまう魅力。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

2018年9月にiPhoneシリーズ最新作モデルの「iPhone XS/XS MAX」が発売され、アップルファンにはたまらないニュースとなりました。

皆がiPhoneを買い始めるきっかけとなったのが「シンプルなデザインに惹かれて」が大半だと思います。僕もその一人で、スマホが登場してから「両面ガラス」に魅力を抱きiPhone4を持ち始めました。

それからiPhone5s、iPhone6sと順に乗り換えていますが、デザイン性だけでなく使いやすさもまた魅力の1つです。

それでも最近登場するスマホはどれも同じデザインをしていて、デザインにおけるiPhoneファーストの時代は終わったのかもしれません。

ですが、それでもiPhoneを利用してしまうのにはいくつかの魅力ポイントがあり、この記事ではその魅力ポイントを解説していきます!

 

簡単に乗り換えることができるiPhone

 

一度使ったらなかなか抜け出すことができないIOS端末。ディスプレイに映る無駄のないホーム画面に見やすいアプリのアイコンがとにかく使いやすい。

iPhoneからiPhoneへの乗り換えもとにかく簡単で、QRコードのようにAppleのオリジナルコードを読み込むだけで簡単に移行することができるシステムが超画期的。

携帯の乗り換えと聞けば、1つ1つ電話番号を新しいメモ帳に入れてみたいなことをしていた思い出がありますが、そんな手間がかかることは一切なく、カメラでスキャンするだけで解決してしまう。

 

アプリのセキュリティーがとにかく安心

 

アプリストアで配信されているアプリはどのアプリもアップルの審査を受けて配信されているものなのでとにかく信用して使用することができること。

androidだと誰でもアプリを出せるというメリットはあるものの、故意にウイルスを忍び込ませたアプリがという不安要素があり、なかなかiPhoneからandroidに買い替えようと思うことができないのもiPhoneを長く使ってしまう理由なのかもしれません。

ウイルスで早くつぶれてしまうのであれば長く使えるモノをという思いからiPhoneが手放せなくなっています。

 

アクセサリーが豊富

 

iPhoneは国内のシェアが最も高いので、アクセサリーも比例するように多く揃っています。

最新機種に乗り換えれば少なくとも2年間は店頭にiPhoneケースが並んでいて、新しいケースが欲しければ簡単に入手出来てしまうのもiPhoneを利用してしまうポイントなのかもしれません。

iPhoneそのもののデザインに飽きたとしても、スマホケースを変えることで一心できてしまうのでそれならケースの種類が豊富なiPhoneにしようってなりますもんね。

 

まとめ

 

今回はメモ的な感じでiPhoneについての記事を書いてみました。

「何でiPhoneを使い続けてるんだろう」と最近思うようになってから、iPhoneと似た格安スマホも登場してるのにそれでもiPhoneを使ってしまう理由とはについて考えてみました。

まだまだ内容的にも不十分なのでまた新しいことが浮かんだら追記しようと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.