インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

イラストに向くiPadはiPad ProかiPad 2018かどちらが理想か比較!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

iPad 2018年モデルが発表され、低価格iPadとして注目されているiPad 2018。

低価格で登場した2018年モデルのiPadは手に取りやすい価格で、なおかつApple Pencilにも対応しているので「イラスト向き」とも言えます。

それよりも以前に発売されているiPad ProもApple Pencilに対応しているので「iPad Pro」も「iPad 2018」のどちらも「イラスト向き」のタブレットであることは間違いありません。

 

おそらくイラストを描きたくてiPadの購入を検討されている方はこの両者で悩んでいることだと思いますので、「イラスト向きのiPadはどちらなのか」比較しながら紹介していきます!



iPad ProとiPad 2018のスペック詳細

 

iPad Pro 10.5インチモデル iPad 2018
ディスプレイサイズ 10.5インチ 9.7インチ
プロセッサー A10X A10
ピクセル解像度 2,224 x 1,668ピクセル解像度

2,048 x 1,536ピクセル解像度

Apple Pencil 対応 対応
タッチID 対応 対応
カメラ 12メガピクセル 8メガピクセル
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影可能 1080p撮影
バッテリー Wi-Fiなど、最大10時間以上 Wi-Fiなど、最大10時間以上
価格 ¥69,800~ ¥37,800~

 

iPad Proには12.9インチモデルと10.5インチモデルの2種類がありますが、上記では10.5インチモデルをベースにスペック詳細を記述しています。



iPad Proの方が優れている

 

 

価格帯で見れば「iPad 2018モデル」が¥37,800~と圧倒的なコスパの値段で「Apple Pencil」が使えるタブレット端末を購入することができますが、トータルスペックを考えてみると、

  • ディスプレイサイズ
  • プロセッサー
  • 解像度

イラストを描く際に重要的な3つの要素が上回っている「iPad Pro 10.5インチ」の方がもちろん上位機種と言えますね。

 

イラストを描く際にはディスプレイが大きいiPad Proがいい!

 

iPad Proで描くイラストはディスプレイサイズが大きければ大きいほど非常に書きやすくなるのは誰もが分かることだと思いますが、「ディスプレイサイズが大きくなおかつ解像度も高い」このスペックこそイラストを描くのを目的として購入を検討されるのであれば大切になってきます。

筆を持った手を画面にのせてお絵かきすると、いくら大きい画面でものせた手が画面の大半を占めてしまいます。ですが画面のサイズが大きければ大きいほどイラストを描くにはストレスが少なく、またアプリ内の細かな機能もすごい便利に使えるので大きいディスプレイのiPadProがオススメです!

 

イラスト以外のiPad Proの使い方も

 

iPad Proはディスプレイサイズが小さいものでも10.5インチとiPadminiと比較すると格段に大きいサイズなので、高画質なディスプレイに映る映像も綺麗なので映画向きでもあります。

持ち歩くには少し大きいサイズですが、寝る前の動画視聴や休日の映画鑑賞も不満なく使用することができますね。

僕の場合だと、一眼レフカメラで風景写真を撮影することが多いので、カメラで撮影した写真をiPad Proに入れてiPadで写真のレタッチ/編集することが多いです。

 

サブPCのように使うiPad Pro

 

イラストのほかにも画像の編集を行うことができるアプリや、ブログ記事を作成するキーボードでのタイピングなど幅広い使い方があります。

 

 

パソコンみたいに自由はききませんが、キーボードが付属したiPadProケースを使用することでどこでもタイピングをすることができます。

そのため、イラストを描くため用だけでなく「外出先で仕事をしたい」そんな思いをお持ちの方だとさらにたくさんの活用の幅が広がりますね!

薄く持ち運びやすく高スペックなiPadProなので快適に手軽で使うことができるのでかなりおすすめです。

 

イラストを描くためのApple Pencil

 

 

iPad Proでイラストを描くためには「Apple Pencil」は欠かせませんね。

15秒の充電で30分使用することができる驚異的な超低燃費な電子ペン。

ペン先とは反対の部分はライトニングケーブルの端子が付属しているのでiPadに直接さすことで充電することができるので、いつでもどこでもiPadに充電があればApple Pencilも充電できます。

電源が共有できない移動中に万が一Apple Pencilに充電がなくてもiPadにさすことで充電できてしまうので充電に困ることがありませんね。

 

イラスト向きのiPad Proの保護フィルム

 

 

イラストを描くときには絶対に外せない「書き心地

やっぱりディスプレイにペンで描くと「ツルツル」としたイメージが膨らみ、人によっては思うような感じで絵を描くことができない場合もあります。

その問題を解消してくれるのが「紙の保護フィルム」

紙の質感で書き慣れたイラストレーターも鉛筆で書く紙の引っかかり具合に納得して使用できる保護フィルムを張ることで、普段の感覚で絵を描くことができるようになります。

また、実際に紙に描いた絵とは違ってiPadで描いた絵はデーターとして保存されているので書けば書くほど楽しくなりますね。

筆圧もしっかり認識してくれるiPadProだけに「紙の保護フィルム」で環境を整えることはイラストを描く上で大事になってくるのかなと感じます。

 

iPad Proをケースに入れて保護して持ち歩こう

 

 

イラストを描くためとはいえ、やっぱり外出先でもイラストを描くことができるようにするためにはiPad Proを保護してくれるケースも必要ですね。

Apple Pencilも同時に収納することができるケースを持ってカフェで、なんて憧れるようなこともできるような気がします。

僕の場合だとiPadをケースに入れてカフェでブログを読んだり、ブログを書いたりしてネットサーフィンしながらiPad生活を満喫しています。

 

最後に・まとめ

 

今回は「イラストに向いているのは」をテーマに記事を書きました。

iPadの使い方は人それぞれだと思うので、映画やYouTubeなど動画視聴をしたい人でもかなり実用的に使うことができます。僕も実際はブログを見る・書く以外にも動画を見るためのタブレットとして使用することが多いので、オリジナルの使い方を見出してもいかもしれませんね!

今ではiPadでも紙の感じで絵を描ける時代なので、お絵描きが好きな方は最高に楽しめることだと思います!

ぜひiPad生活を楽しんでみましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.