インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

「iPad Pro 2018」の使い方はいかに!自分にとって買いなのか?

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

2018年はアップル信者にとって大きな興味を引き立てる年であった言えることだと思います。

「iPhone XS」と「iPhone XR」が発売され、2018年11月には「iPad Pro 2018」が発売されました。

個人的に大目玉といえるほど興味を引き立てたデバイスが「iPad Pro 2018」。

これまでのデザインを一新し真新しい「iPad Pro 2018」が登場してきてからは自分にとってどういう使い方ができるのか考えてきました。

 

  • 一新されたデザイン
  • パソコンよりもパワフルなシステム
  • どんなコンピューターにも似ていないコンピューター

 

パワフルマシーンとしてこれまでに発売されてきたiPadとは比べ物にならないほどの高性能とデザイン性だけに、自分ならどのように使いたいのか、あるいはどのように使えるのか、新しい機能性も踏まえて紹介していきます!



どんなタブレットよりもカッコよくシンプルなデザインにと洗練された「iPad Pro 2018」

 

iPad Pro 2018 使い方

 

Apple製品はいつも本体に映し出される壁紙から大きなインパクトを与えてきます。どこか見入ってしまう壁紙にはApple製品を欲しいと思わせる魅力があるのかもしれません!

 

「iPad Pro 2018」が発表され真っ先にここが良い!と感じたところが、

  • ホームボタンを排除し、均一に統一されたベゼル部分
  • シンプルかつフラットに整えられた縁

 

この2つがこれまで発売されてきた「iPad」とは比べて大きな違いになっています。

と同時に、この2つの大きな違いがアップル製品が大好きな信者に購買意欲を掻き立てる魅力になっていることでしょう!

僕もその一人です。

 

整えられたフラットな縁は「iPhone5/5s」を彷彿させるようなデザインで、iPhoneにおいて人気の一時代を気付いた端末だけに「iPad Pro 2018」の縁がフラットになったことは大きな魅力になっています!



2つのサイズから選べる「iPad Pro 2018」

 

iPad Pro 2018 使い方

 

新型の「iPadPro2018」には2つのディスプレイサイズが用意され

  • 11インチ
  • 12.9インチ

 

の2つのディスプレイサイズからお好みで選ぶことができます。

個人的な使い方としては持ち運びやすくなおかつ「Applepencil」を使ってイラストも描きたいと思うので、おそらく使い勝手としては11インチが理想。

 

12.9インチのiPad Pro 2018だとやっぱり重量が気になるところですが、

iPad Pro 2018 / 11インチ 468g
iPad Pro 2018 / 12.9インチ 631g

 

やはり少しサイズが大きくなると重さも200gほどプラスになるので、12.9インチのiPad Pro 2018は持ち運びとしては少し大きく重いかなといった印象。

それでも、パソコンと比べれば薄さではほとんどiPad Pro 2018が勝るだろうし、重量を比べても631g以下のノートパソコンはそうそう見当たらないので、パソコンでしていることをiPadPro2018でもできるのであればかなり買いのモンスターマシンではないでしょうか。

 

書籍としての使い方も

 

iPad Pro 2018 使い方

 

いつも、どこ出かけるにしても手持ちを少なくしたい。でもiPadなどのタブレット1つは持って出歩きたい。

 

本をよく読むときといえば出かけた時にカフェでゆっくりしているときぐらいですが、iPadPro2018があれば大きなスクリーンでゆっくりと本を読むことができるので、書籍としての使い方もあり。

これまではiPadminiを使って本やネットサーフィンでWEBサイトなどを閲覧していましたが、発売された当時は現役で活躍していても、最新機との機能がどんどんと離されていく中で使い道がなくなってきて、特にモッサリとした動作には若干ストレスが溜まってしまうことも。

 

それでもiPad Pro 2018に搭載されたチップは

  • A12X Bionic

 

ただチップの数字を見ただけではどれだけすごいかは伝えることはできませんが、「パソコン市場にある92%のノートパソコンよりも高速」であるということ。

 

なので、書籍としてだけではもったいない位の高性能なタブレットという事になりますね。書籍だけとしての使い方ではもったいないのでぼくの場合はカメラで写真を撮ったデーターのレタッチ専用としての使い方も考えています。

 

カメラと直接繋ぐことができる「iPad Pro 2018」

 

iPad Pro 2018 使い方

 

AppleがLightningケーブルの次にシェアを広げようとしている「USB-C」ケーブルを使用することで外部でカメラと接続することができるようにしてくれる新機能。

 

これまでは一度、カメラで撮影した写真データーをiPadに送ろうと思えば、

カメラ → クラウドサービス → iPad

のように最低でも3つの過程が発生し、写真を転送する段階でクッションができるため、写真本来の画質を落としてしまう場合もありました。

それでも。「USB-C」ケーブルでお使いの「一眼レフカメラ/ミラーレス一眼カメラ/コンデジ」などのカメラを接続することでデーター共有もできるので、この機能は写真をたくさん撮る方にとっては大きなメリットになりますね!

 

僕も2018年に入ってから写真をたくさん撮るようになり、これまでは上記のように

カメラ → クラウドサービス → iPad

といった過程で撮影した写真を送っていました。

 

また、カメラと接続できるだけでなく、「iPad Pro 2018」をモバイルバッテリーとしての使い方もできるように!

 

電話の機能としてよく使用するiPhoneは常にバッテリーを確保しておかないと、万が一、電話がかかってきてもバッテリー残量がなければ電話に出ることも連絡することもできません。

ですが、「iPadPro2018」がそばにあれば、「USB-C(iPad Pro 2018側)」と「Lightning(iPhone側)」で接続することでiPhoneを充電できる機能が備わっているので、万が一の緊急時でもモバイルバッテリーとしての活用もできますね。

 

なので、変に重たいモバイルバッテリーを持ち歩かなくていいと思えばかなり便利な機能になるかもしれません。

 

パソコンと同じように細かなレタッチができる

 

iPad Pro 2018 使い方

 

Adobe Photoshop CCなどのAppstoreに用意された編集アプリケーションを使えば細かな写真のレタッチができ、パソコンと同じように簡単に切り取りなどもできるので、写真の編集マシンとしても使いたいところ。

Appstoreにはたくさんの編集アプリが充実しているので、日頃から使っている編集アプリや気になる加工アプリなどを見つけてiPadPro2018で使用してみるのもいいですね。

 

iPadPro2018の容量は

12.9インチ Wi-Fiモデル 11インチ Wi-Fiモデル
64GB 111,800円(税別) 64GB 89,800円(税別)
256GB 128,800円(税別) 256GB 106,800円(税別)
512GB 150,800円(税別) 512GB 128,800円(税別)
1TB 194,800円(税別) 1TB 172,800円(税別)

 

1TBまでの容量のモデルが用意されているので、大容量モデルを購入すれば写真や動画の編集端末としてもどしどし活用できるでしょう。

ただ、パソコン並み、それ以上の価格がネックになってきますね。

 

イラストを描くための「iPad Pro 2018」として

 

iPad Pro 2018 使い方

 

iPad Pro 2018はこれまで紹介してきたようにパワフルなモンスターマシンなのでYoutubeやFuluなどの動画視聴だけでなく写真編集や書籍としても使用することができます。

それでも、これら以上に個人的に活用していきたいのがアップルペンシルを使用してのイラスト制作。

スペースデザインでもちょっとした景色でも趣味に描ける絵としてiPadPro2018で描いていきたところ。

 

イラストだけでなく、ポスターのデザインや名刺のデザインなど幅広く「Applepencil」を活用して、iPadProを通じてデザインにも触れていきたいですね。

 

iPad Pro 2018の使い方を考えてみて

 

iPad Pro 2018 使い方

 

予め使い方を考えておくことは、購入してからの使い方もはっきりとわかるので、購入を検討されている方はなんとなく購入するよりも自分ならどう使うかを考えてみるのもいいかもしれません。

 

使い方は人それぞれなので、あまり活発に使わなくても新しいiPadPro2018が欲しい。それだけでも購入する大きな理由になりますから、衝動買いをするといったこともあるかと思います。

個人的にはシルエットデザインから、カメラと連動できる機能が好み過ぎるので、余裕ができたら購入をしたいと思います。

iPadPro2018の画面保護ガラスと保護ケースをお忘れなく!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.