インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

写真をたくさん!ブログを書くならカメラでいっぱい撮影しよう!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

ブログを書くブロガーにとって読者に快適な読み心地を与えるものってなんだと思いますか?

  • 思考・考え
  • 長々しない段落
  • 見やすさ

それぞれ考え方や見方はありますが、

僕が特にブログを書く上で「ここが大事」と気を付けていることがあります。

 

それは「写真をたくさん載せること

 

写真があるだけでほんと見やすさって格段に上がると思うんですよね。

ブログに掲載した写真がただの風景写真だったとしても広く伸びやかな心で書いた記事を読み返すことができますし、実際に自分が書いた記事を読み返して、この部分は読みやすいなと実感することも多々あります。

 

そこで今回は「ブログ×写真」をテーマに「ブログにおける写真の大切さ」と「注意しておきたいポイント」を紹介し解説していきます。



ブログに写真がある記事とない記事を見比べてみよう

 

まずはどれだけ写真があると印象が大きく変わるのか、また読みやすさはどれだけ上がるのか比べていきたいと思います。

 

  • 写真無し

今日は日中は雨が降り、夜は雨が弱まったので夜のネオン街をカメラで撮影しました。

雨上がりの街は重みのある雰囲気を感じ、そんな雰囲気もカメラがあれば写真に収めることができるので雨の日の夜は特別な感じがします。

重みだけでなく、道路にできた水たまりに反射するネオン街の灯り。マンションや雑貨ビルの看板の灯りが良い感じに水たまりに反射してリフレクションも撮ることができます。

 

  • 写真あり

 

今日は日中は雨が降り、夜は雨が弱まったので夜のネオン街をカメラで撮影しました。

雨上がりの街は重みのある雰囲気を感じ、そんな雰囲気もカメラがあれば写真に収めることができるので雨の日の夜は特別な感じがします。

重みだけでなく、道路にできた水たまりに反射するネオン街の灯り。マンションや雑貨ビルの看板の灯りが良い感じに水たまりに反射してリフレクションも撮ることができます。

 

「写真無し」と「写真あり」を見比べてどう感じますか?

質問を変えてみましょう。

「写真なし」と「写真あり」を見比べてどっちが見やすいですか?また、読みたいと思いますか?

 

僕は断然に写真がある方の記事を読みたいと思います。

写真があるだけで情景が分かりますし、絵があればなおさら想像も膨らみますよね!

 

そのために「ブログ」において「写真」というのは重要な位置づけなのかもしれません。

 




ブログに載せる写真は下手でも大丈夫なのか

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

正直なところ、「下手」というところに気にする必要はないと思っています。

極端な話、手ブレした写真以外は使えると思いますね。

 

僕は2018年からカメラを始めるようになって、初心者ながらたくさんの写真を撮ってきました。と同時にカメラ友達もできカメラの楽しさ・面白さを教えていただきました。

 

確かにプロのカメラマンからすると初心者の写真は物足りないと思いますが、それでもブログというものはあなたの情報や経験を発信できる場でもあるので、技術に関して気にする必要はないと感じます。

 

むしろ、カメラ初心者ながらブログ記事に載せた写真についてブログのお仲間さんから

  • 写真の雰囲気好きです
  • 素敵な写真ばかり
  • 1枚の写真から思いが伝わってきます

 

と写真に対して嬉しいお言葉をもらえるようにもなりました!

この言葉がカメラ初心者の僕からすれば本当にうれしくて、少なくとも自信につながりました。

 

 

なので、ブログをしている人ならどんどんブログ記事に写真を載せていくことを心がけてみてください。

今まで以上にブログ記事自体が読みやすくなることは間違いないですし、写真に対するリアクションもきっと頂けることだと思います!

 

自分が撮影した写真がブログのオリジナルコンテンツになる

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

ブログを書くブロガーなら、相手の心を動かす記事を書くことも大切ですが、書いた記事をSEOで上位表示することも大事となってきますよね。

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSでたくさんのフォロワーを抱えていたら、新しく書いた記事をSNSに発信すれば一時的アクセスを集めることができます。

 

ですが、SNSでたくさんのフォロワーを抱えない人にとって新しく書いた記事というのはブログにアクセスがなければせっかくの記事も読まれることがありません。

 

今、SEOで重要視されているのが

  • オリジナルコンテンツかどうか

 

情報にあふれた今だからこそ「オリジナルコンテンツかどうか」が大切になってきます。

 

「オリジナルコンテンツかどうか」に着目したときに、あなたが撮影したあなただけの写真をブログ記事の一部として使ったらどう思いますか?

それはもう「あなただけのオリジナルコンテンツ」になりますよね!

 

フリー素材といった画像をダウンロードすることができるサービスやサイトがありますが、そこで配信されている写真は他のブログやサイト、ホームページで使われている可能性もあります。

なので、オリジナルコンテンツを意識するなら「自分で撮影した写真」をブログに掲載してみましょう!

 

ブログに写真を掲載する前に

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

撮影するカメラによっては画素数が大きく変わり、一眼レフやミラーレス一眼、コンデジ(コンパクトデジカメ)などで撮影した写真はどれも高画質です。

そのため、撮影したカメラからブログに移しても高画質のまま移動するので、記事に掲載した写真がたくさんあればあるほど書いたブログ記事の読み込みスピードが遅くなってしまう可能性があります。

 

ここが難点。

 

せっかく素敵に撮ることができた写真も、たくさん掲載してブログ記事の読み込みが遅くなってしまえば、SEO的にも評価が低くなってしまう可能性があり、そうなると上位表示に影響を及ぼす可能性もあります。

 

そこで、僕が良く行っている対象法としては

  • カメラ側で予め画素数を下げる
  • ブログに掲載する写真のサイズを少し小さくする

 

上記の2つのことを常に心がけて実践しています。

画素数が高いと細部までしっかりと読者に見せることができるんですが、そうしてしまうと読み込みスピードに影響を及ぼす可能性があるので、写真のサイズを小さくしたりとしています。

 

ブログに写真を埋め込む方法がある

 

このブログではブログ運営だけにかかわらず、「Instagram」の記事や「旅行」、「ガジェット」など幅広いジャンルで記事を紹介しています。

そこで役に立つのが写真の埋め込み機能!

 

何の写真を埋め込むのかというと「インスタグラムで投稿した自分の写真」を埋め込みます。

 

 

実際に埋め込んでみるとこんな感じ!

 

リヨフォトさん(@riyo_photo)がシェアした投稿

 

めっちゃいい感じになりませんか?

インスタグラムの埋め込み機能はモバイルファーストなのでスマホ画面ではサイズ感に合わせてぴったりと表示してくれます!

 

いい感じに表示できるだけでなく、インスタグラムアカウントにも誘導することができるので、アイキャッチ画像的な使い方だけでなく、写真の紹介にも十分に活用することができます。

 

ブログにおける写真の重要性・まとめ

 

リヨフォトさん(@riyo_photo)がシェアした投稿

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

「ブログ×写真」をテーマに記事を書きました。

 

ブログにおいて写真は記事そのものを見やすくするだけでなく、情景や想像を豊かにしてくれるものなのでブログ記事を書いているのであればどんどん取り入れていきましょう!

カメラ初心者の僕が言うのも何なんですが、何事にも下手から始まって上達していくので、変に考えすぎず楽しんでいくことが大切ですね。

 

いまカメラにどっぷりハマっているので、そこで撮影した写真も今後の記事で紹介できたらなと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.