インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

自分のブランディングを作るならブログを書くべし!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

この記事を目にしたあなたはおそらく「自分のブランディング」を作りたいと少なからず思っていることでしょう。

実際にブログ記事を書き続けている僕も「自分のブランディング作り」に挑戦しています。

そんな僕の素顔が分かるインスタグラムを載せておきますね。

 

どうしてこの記事を書こうかと思った理由は、自分のブランディングをしっかりと作ることができればあらゆる場面で必要とされる存在になれるから。このことを知ってもらいたく「自分のブランディング」を作ることに関する記事を書こうと思いました。

大学卒業と同時にブログを立ち上げインスタグラムも開設し、少しづつですが目標としている部分に近づいています。

 

実際に自分のブランディングを作るためにしてきたことを紹介しながら、これまでの過程で成長と自信の大きな一歩となった出来事を紹介しながら、自分のブランディング作りに大切なことを紹介します。

 

今の時代は誰もがブログを持って置くべき

 

これまでは広告収入と聞けば胡散臭いビジネスだ!という印象がほとんどでした。

ですが、それも昔の話。

「広告収入は胡散臭いビジネスだ!」という偏見をぶち壊したのがYouTubeの登場です。YouTubeが学生など若者の間で人気となり、YouTubeを仕事にするユーチューバーが誕生し、今では広告収入に対しての違和感も少ないことだと思います。

 

その影響もあってブログに対する広告収入もまた嫌なイメージといったものはなくなってきました。

ブログを開設する前の当時の僕は嫌なイメージがありましたが、自分のブランディング作りの収入源として必要だと思うようになりました。

リヨ

 

というのも、ただブログに日記のように日々の生活の記事を書いても何の意味もないからです。

 

普通の日常の記事を書いて読まれるのは芸能人だけ!←これ重要

 

テレビなどでよく見る芸能人のブログが良く読まれるのは、あらかじめファンがいるから。

僕のような一般人はブログを立ち上げてもファンがいなければ最初からブログのアクセス数を得ることさえ難しいです。

 

では何をするかというと「検索上位」を狙う。つまりは「SEO対策」をして記事を書くことでブログのアクセスアップを目指します。

検索上位を狙う目的

キーワードでの検索上位を狙うことで、検索エンジンからのアクセスアップを増やすことができること。

 

上記のことを目指してブログ記事を書きます。

 

ですがこここがとにかく需要!

検索上位を狙うにはザックリ言えば

  • 内容のあるコンテンツで記事を書くこと
  • 長い時間を見て記事を書くことが必要!

 

特にこの上記の2つは大切です。

なんでこんなことを言うのかというと、「ただブログを開設して記事を書いたらアクセス集まるという事はないから!

ブログ開設して、記事もいくつか更新して、そんな感じでアクセスを集めることができれば誰もがブログを始めていることでしょう。

 

長時間かかるからこそ、自分のブランディングを確立したい!と思っている方はブログを立ち上げることが大切となってきます。

 

ブログを持っておく理由

 

それでも、自分のブランディングを作るにおいて「ブログを持っておくことは重要」になってきます。

ブログはあなたの窓口として様々な人からのアプローチを受けることができる玄関でもあります。

 

例えば、

AさんとBさんがいます。AさんはBさんよりも技術が上ですが、Bさんはブログを持っているのにAさんはブログを持っていません。

更に、Bさんは毎月10万PVのアクセスを誇るブログを運営しています。それに対し、Aさんはブログを持っていないため1PVのアクセスさえありません。

 

この例の場合を考えた時に、真っ先にアプローチが行くのはどちらの方だと思いますか?

 

間違いなく後者のBさんです。

 

というのも、Bさんはブログを持っていて月10万PVのアクセスを誇っています。

1PVを1人と仮定した場合、毎月10万人の方がBさんのブログを見てくれています。そのためAさんより技術が上手くなくても人を集めることができればアプローチされる頻度も確実に増えます。

 

しかし、例外もあります。

 

数が少なくてもアプローチされる場合も

 

自分のブランディングにおいて最も求めてくれて嬉しいと感じることは「数よりも質を求めてくれる」ことだと思います。

質を求めてアプローチをしてきてくれたものならブランディングの確立を目指している自分にとってそれほど嬉しいことはありません。

 

ですが、実際にそういう状況に遭遇したことがあります。

僕はブログの他に新しい窓口として「Instagram」を開設しました。学生時代にモデルをしていたという事もあり、撮影してもらった写真を投稿していました。

 

そのころのフォロワー数は100人ほどとインスタグラマーと呼ばれる1万人までは100倍とまだまだ大きな差を感じていました。

ですが、新しく投稿した写真に付けたハッシュタグから自分のプロフィールに飛んできた企業様がモデルの仕事依頼を頼んで来てくださいました。

 

これまではインスタグラムではフォロワー1万人以上のインスタグラマーでないとインフルエンサーになることができず仕事依頼も頂けないと思っていましたが、当時フォロワー100人でも仕事依頼をいただくことができるという事を実感しました。

 

と同時に、自分のブランディングを作るための窓口として「インスタグラムも開設していて良かった」と思うようにもなりました。

これは、ブログも同じだとぼくは信じています。

PV数が少なくても、ブログを作っているのと作っていないとでは、ブログを作っていない人にどれだけ技術があろうとアプローチをする方法がありません。

 

なので、自分のブランディングのために自分を証明する名刺のように

窓口を作っておく必要が今の時代には大切だと思います。

 

その為にもブログを書き続ける必要があります。

 

では、何をブログに書けばいいのかについて紹介したいと思います。

 

自分のブランディングのためのブログで書くこと

 

ブログに書くことは最初の方でも紹介したように、「ただの生活日記を書けばいい✖」というわけではありません。

 

検索上位に必要とされる記事として

  • 感動するものか
  • 面白い、読み応えあるものか
  • 参考にされるものか、役に立つ記事

 

これら3つのどれかに当てはまる必要があります。

ただ、記事を書けばいいというものではなく、自分の言葉でブログ記事を書かなければいけません。

 

僕の場合だと、「インスタグラムの活用」を記事に、これからインスタグラムを始める方やインスタグラムの使い方で悩む方に参考になる記事を書いています。

その中で自分だけしか知らいないマル秘情報も公開しています。

 

これからブログ記事を書こうと思っている方は

  • 自分が得意なこと
  • 無駄に詳しい知識のジャンル
  • 今の職業に関わること

 

を一読者としての視点を持って、「何を知りたいか、何が役に立つのか」を踏まえたうえでブログ記事を書くことをおススメします。

 

僕はブログ記事を書き始めた当初は、自分の考えを一方的に押し付けるような感じの記事ばかりを書いていました。それからブログの先生「松原潤一さん」が運営する「Blog Marketing School/ブログマーケティングスクール」に参加させていただき、考え方も大きく変わりました。

 

自分のブランディングは作っている感覚をめいいっぱい楽しむことが大事

 

もともと、1から作っていることが大好きなので、僕は常に作っている感覚を楽しんでいます。

ブログを書き始めて、もちろんアクセス数が増えることもあれば減ることもあります。

 

それでも、ブログで成功されている方は同じような経験をされている方がほとんどなので、ブログ成功者の同じ道を歩んでいると思えばワクワクしてきませんか?

 

インスタグラムもアカウント開設から半年ほどでフォロワーも1000人ほどになり、今も増え続けています。

 

最初から無理と思わずに、地道に継続していくことが結果にもつながっていくので、長い目を見て自分のブランディング形成をしていくことが大事です。

 

自分のブランディングを作るために・まとめ

 

ブログを書いていく中でまだまだ学ぶことが沢山ありますが、これまでに経験できたことがこのように1つの記事になりました。

これからの時代、自分のブランディングは大きなビジネスチャンスにもなってくるので、今を楽しむことができていない方はブログを書いてみるのはいかがでしょうか?

 

数年後にはAIに仕事を奪われていくと言われているだけに自分のブランディングを確立してAIに負けない自分の道を作っていくことが必要ですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.