りょうろぐ

白シャツでおしゃれに決める大人メンズコーデ。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

白シャツはメンズコーデをする上でおしゃれになる万能アイテム、また着こなし方で季節感の違いを出すことができる。白シャツをおしゃれに着こなすにはどのようにしたらいいのか、コーディネートを元に紹介します。

大人コーディネートは白シャツが必需


出典:BEAMS

 

フォーマルにもカジュアルにも合わせることができる白シャツ。カジュアルスタイルに合わせてシンプルすぎずアクセントを加えることは、大人の白シャツコーデを楽しむことにつながります。クリーンな張りのあるシャツやシワも味になる素材感のシャツも着こなすことができれば、白シャツコーデがどんどん楽しくなります。

 

白シャツコーデは変幻自在。おすすめの1枚


出典:amazon

 

白シャツは基本的にどんなファッションでも合わせやすく、チノパン×白シャツはベーシックな組み合わせ。それでもチノパンをルーズパンツに変えるだけで全く違った印象になります。爽やかな好青年な印象を与える白シャツは、1枚だけでも持っておくことでコーディネートのレパートリーが広がります。

 

BEAMS(ビームス)


出典:amazon

 

マルチカラーのボタンが特徴的な白シャツには『遊び』が現れています。白にカラフルなアクセントカラーを加えることでカジュアルに印象付けることができます。プルオーバー風デザインのシャツはすっきりとしたフォルムなのでスタイリッシュに見せることが可能。上級者向けの大人シャツです。

 

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)


出典:amazon

 

シワの素材感のあるカジュアルシャツをキレイめパンツと合わせるのは意外と盲点。シワのあるシャツと綺麗なパンツだとシワが強く強調されてしまい、目で分かるような矛盾ができてしまう。

 

そんなときは、シワの素材感のあるカジュアルシャツ×ハーフパンツ

 

夏であればシワの素材感のあるシャツが映えるので、夏の海やビーチに合ったコーディネートがしやすいです。チノパンはもちろんのこと合わせることができますが、リラックス感のあるパンツであれば間違いなく相性がいいでしょう!

 

nano・universe(ナノ・ユニバース)


出典:amazon

 

クリーンなハリのあるシャツもうまく着こなすことができればかなりお洒落!クリーンなシャツこそボタンを二つ開き袖をまくり上げれば『できる男』の印象に。裾が長すぎるとだらしくなるので自分に合った長さを重視!

 

シャツをお洒落に着こなすことができている人のポイントは

・着丈とサイズ感がぴったり
・袖をまくりボタンを開ける

GLOBAL WORK(グローバルワーク)

 

シンプルな薄手の白シャツこそ、カジュアルに着こなす時の違いが大きい。カラーパンツやデニムと合わせてごわごわした印象にならないよう心掛けることが必要。ストレッチが効いてるので動きやすく、ダメージジーンズとも合わせやすい1枚。カジュアルな印象ながら少し光沢がある白シャツはキレイ目ファッションでもコーディネートしやすいです。

 

H&M(エイチアンドエム)


出典:H&M

 

少し目の粗い生地を使った平織りのオックスフォードシャツは一段上の大人の印象を与えてくれます。春前の季節や秋ごろに着こなすとヴィンテージロックな雰囲気を感じさせてくれます。極端にシワのあるシャツでもなく、ハリのあるシャツでもない。オックスフォードシャツは上品な大人、エレガントな大人のイメージを着こなし方で印象付けることができるので持っておいて損はない白シャツです。

 

私のおすすめ着こなしコーデ

・ネイビーなど落ち着いたカラーのセットアップ×オックスフォードシャツ

白シャツコーデをレベルアップ!2つのジャンル別白シャツコーデ

とりあえず何でもかんでも白シャツを合わせるだけでコーディネートが完成するわけではない。街中で見かける白シャツを着ている人は、どこかこだわりぬいたポイントがあります。そのポイントをお洒落な人を参考に見ていきましょう!

白シャツとワイドパンツの組み合わせ


出典:wear

 

 

白シャツ×ワイドパンツ

 

なかなかいい組み合わせ!特に白シャツはベージュカラーのパンツと最高のマッチです。ただ、白シャツとベージュパンツだけだとありきたりファッションになるので、足元とリュックに黒(ブラック)カラーを加えると秋らしいコーデに。

 

[st-card id=77]

 


出典:wear

 

こちらのコーデはデニムのワイドパンツと白シャツをうまく合わせていますね。落ち着いたブルーのデニムが白シャツを引き立てるようにカジュアルに仕上がっています。

 

白シャツ×デニムワイドパンツ

 


出典:wear

 

明るめの同系色でまとめることでより白が引き立ちますね。ただ、スニーカーまで白にしてしまうと特徴がなさ過ぎて逆に浮いて今うことも!なので、靴とショルダーバッグ黒を入れることでバランス感をもたらしてくれます。

ここでのポイントは

・スニーカーとショルダーバッグのカラーを同じにすること

白シャツ×グレーワイドパンツ

 

できる男に見せるインフォーマルな白シャツコーデ


出典:wear

 

ハリのあるシャツこそ大人らしく見せるべき!20代になればスーツを着る機会が増えると思います。しかし、『スーツだと堅苦しくて』という悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

フォーマルだと堅くなってしまいがちですが、カフェに行くときなどにはインフォーマルなコーディネートができる男をより高めます。最近はやりのジョガーパンツを履くだけでも休日感を出し、柔らかな印象に仕上がります。

 


出典:wear

 

上下セットアップでまとめることでずれのないコーディネートに!白シャツはブラウンでも合わせやすく、白、黒、茶の組み合わせはヴィンテージな雰囲気を演出。ヴィンテージスタイルを目指したい人であれば、この3色でまとめてみましょう!

 

ヴィンテージなコーディネートポイント
・白、黒、茶の組み合わせ。
・ハンチング、ベレー帽を合わせる。
・ドクターマーチン風の革靴をあわせる。・アクセサリー類は統一感のあるカラーを!

 

このポイントを駆使してヴィンテージスタイルを目指してみましょう。深みのある白シャツコーデに仕上がります。

 


出典:wear

 

どんなコーディネートにも共通することは、基本的には『3色』でまとめること。この3色でまとめるだけで、迷ったコーデになることが少ないです。特にセットアップスタイルであれば、ジャケットとパンツは同じ色なので白シャツを合わせるだけでOK!

 

セットアップでよりお洒落を目指すには素材感が大事!

 

素材感で印象は全く異なります。シワ感のあるセットアップであればカラーによりますが春、夏、秋の三季に着ることができます。少し強い素材のセットアップの場合は秋冬に着こなすことができるので、1年を通して白シャツの素材感もこだわれば着こなすことができます。

この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リョウオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.