リヨラボ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

インスタ映えのシートを作って写真の撮影環境を整えてみた。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

突然ですが「インスタ映えシート」はご存知でしょうか?

インスタグラムでの写真投稿が日々増えていく中で、インスタ映えをさせるための「背景」というのはかなり重要なポジションだと思います。

インスタ映えという言葉がはやるようになってからは、雑誌の付録として「インスタ映えシート」が付属されるようになり、誰でもお洒落に写真を撮ることができるアイテムとして今かなり注目されています。

これまでこのブログでは実際に写真を撮っていくつかの記事でアップもしてきました。

今回は、そんな「映える写真」を撮影するために「インスタ映えシート」があればいいなと思い、実際に作ってみることにしました!

  • 家で写真撮りたいけどお洒落な場所がない
  • バリエーションが欲しい
  • 何よりもオシャレを先行させたい

これらを思いの方に「簡単に作ることができるインスタ映えシートの作り方」を紹介していきます。

とその前に、

 

インスタ映えとは

 

インスタ映えとは

ご存知の方が大半だと思いますが、インスタ映えとはSNSのInstagramに投稿した写真の見栄えを表す言葉で、投稿された写真がオシャレまたはオモシロイ、カッコイイなどとらえ方は様々ですが「ひときわ映える」写真のことを「インスタ映え」といいます。

インスタグラムが世界中に広がったと同時に日本国内で広がった言葉。

 

インスタ映えシートを作るために必要なもの

 

インスタ映えシート

 

インスタ映えシートを作るために必要なものをご紹介します。

  • 壁紙
  • 下敷きほどの厚さのある厚紙
  • ノリ
  • はさみ/カッター

これらのものだけで簡単にインスタ映えシートが作れちゃうので実際に作っていきます。

 

壁紙を数種類用意する

 

壁紙が数種類あるといろんなバリエーションで背景を変えることができるので、1つだけでは物足りなければたくさんの種類の壁紙があるといいですね!

壁紙はダイソーなどの100円ショップで売っているので、お気に入りの柄のものを選んでみてください!

※今回はインスタ映えしそうな壁紙が1枚だけしか手に入らなかったので、その壁紙での作り方を紹介していきます。

 

下敷きほどの厚さのある壁紙の用意

 

壁紙を張り付けるための中敷き的なポジションにあたる「厚紙」を用意することをおススメします。厚紙なしでも壁紙だけで背景をお洒落にすることは十分に可能ですが、壁紙だけだと「しわ」ができやすく使い勝手が悪いので「厚紙」を用意します。

ここで用意する厚紙の数は壁紙と同じ枚数で大丈夫です!

厚紙が無いという方は、いらなくなった雑誌の表紙や裏表紙をカッターかはさみで切り取って厚紙として使用してください!

 

ノリの用意

 

ノリは水のりではなくスティックのりの方が「シワ」ができにくいのでおすすめです。水のりしかないという方は大量に出さずに少量で丁寧に伸ばして使用しましょう!

 

はさみやカッターの用意

 

当然壁紙は大きく厚紙に合わせるため切り取り作業が必要です。そのためのはさみやカッターをあらかじめ用意しておきましょう。

 

インスタ映えシートを作っていく

 

ここでは実際にインスタ映えシートを作っていく工程を紹介します。簡単なものなのでパパっと紹介していきますね。

 

1、厚紙に合わせて壁紙を切る

 

インスタ映えシート

 

ここでは壁紙は厚紙の大体の大きさで切ってください。壁紙を厚紙より小さく切ってしまうと厚紙を切らないといけなくなってしまうので、まずは厚紙よりも少し大きくと壁紙を切っていきましょう!

 

2、切った壁紙を厚紙に貼る

 

インスタ映えシート

 

1の工程で切った壁紙を実際に貼っていきます。壁紙の角と辺が綺麗であれば厚紙の角と辺に合わせて貼っていきましょう。壁紙の角がつぶれていたり辺がボロボロになっているのであれば厚紙からはみ出るようにして壁紙を貼っていきましょう。

※注意点
壁紙にシワができていると完成したときに不格好になってしまうので、しわを伸ばすようにして貼っていきましょう!

 

織り込んで貼っていくと余分な壁紙を綺麗に隠すことができるので織り込んでいく作業は丁寧にしていきましょう!

 

インスタ映えシート

インスタ映えシート

インスタ映えシート

 

3、丁寧に壁紙を貼り終えたら

 

インスタ映えシート

 

はみ出た壁紙を厚紙のサイズに合わせて切りましょう!切り終えたら壁紙の完成です。たった3つのステップだったので簡単にできましたね!

切る方法もありますが、今回は落ち込んでいく方法で作ってみました!

 

インスタ映えシートで写真を撮ってみる

 

薄型モバイルバッテリーを撮ってみた

 

インスタ映えシート

 

以前、記事でマクセルのモバイルバッテリーを紹介させていただきました。今回は作成した「インスタ映えシート」を早速使用して「質素な感じ」を出してみました。

バッテリー自体もシンプルなデザインで「無駄な主張」が全くないのでシンプルで洗練された空間が出来上がりました。

■関連記事
モバイルバッテリーは薄型でシンプルでかっこいいものを!「maxell」使用レビュー!

 

インスタ映えシート

 

ipad mini 2も撮ってみた

 

インスタ映えシート

 

モバイルバッテリーで撮影したカメラと、ipad miniを撮影したカメラは違うので写真自体には差がありますが、背景がしっかりと整っていると「取りたいモノ」がしっかりと目立ち、茶色い包装紙もまたシンプルな雰囲気を演出してくれています。

少し光沢のある紙を使用したのでフラッシュの反射で若干光沢感が出てしまっていますが、「素材感」を重視すればフラッシュの反射も抑えることができるので、お好みの紙を選ぶことをおススメします。

光の反射を抑えたい方は「マット素材」の壁紙を使用するといいですね!

 

インスタ映えシートを作ってみて

 

インスタ映えシート

 

壁紙1つだけでも十分に背景として使用することができるように感じました。

ですが、壁紙だけだと紙1枚では素材自体が弱く、また、丸まっているので平らにすることが難しく感じました。シワも付きやすく感じたので、厚紙を下敷きにして「インスタ映えシート」を作った方がかなり楽でした。

作り方の手順も3つのステップなので、簡単にできるので是非とも「インスタ映えシート」を作ってお洒落な背景で写真を撮ってみてください!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.