インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

インスタ映えしやすい5つの撮り方と必需アイテムをご紹介!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは、リヨです。

Instagramに写真を投稿していくたびにもっと素敵な写真を撮りたいと思うことはありませんか?

「インスタ映え」という言葉があるように、普段の何気ないシーンでも写真の撮り方1つで映える写真を撮影することができます。

そこで、今回は「インスタ映えしやすい撮り方」と撮影時に必ず役に立つ必需アイテムをご紹介します!

では、見ていきましょう!



インスタ映えしやすい撮り方

 

ここではインスタグラムで実際に投稿した写真をもとに解説していきながら、必需アイテムもご紹介します。

 

大々的にピックアップして撮る

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

以前、「男ひとりの東京一人旅!行くことに意味があったと気づいた5日間!」の記事を書きましたが、東京一人旅の際に訪れた浅草寺の雷門。

観光客であれば誰もが撮影するスポットだからインスタグラムに投稿しても「インスタ映え」しないんじゃないの?って思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

撮影の仕方のポイントは

  • 目立つものは大々的に撮影すること

 

例えばですが、ぼくは関西在住なのもあってフォロワーのユーザー層はインサイト情報を見ると基本的に関西圏が6割以上を占めています。

なので観光地だから見飽きた場所というイメージがあるかもしれませんが、確実に関西圏のフォロワーを抱えるぼくにとって「目立つものは大々的に撮影する」ことで、フォロワーさんからのリアクションもそれなりに受けることができます。

 

また、背景をぼかして撮影することで大々的にピックアップしたいモノを中心に浮かび上がらせることができるので、ポートレートなどの被写体をはじめ、建築物などを撮影してみると良いでしょう!

 

花火撮影はあえて遠くから

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

夏の季節といえば花火大会。

でも、夜景の撮影となると手持ちで撮影すると基本的にブレてしまい、綺麗に撮影することができません。

夜の撮影はシャッタースピードを遅くしないとなかなかくっきりした写真を撮ることができないのでそのためにも必要なポイントがあります。

 

撮影の仕方のポイントは

  • 夜の撮影は三脚が必須

 

基本的にシャッタースピードを遅くして手持ちで写真撮影しようとすると確実にブレます。

動いていないと思っていてもシャッターきり終わって写真を見るとほとんどがブレブレで、せっかくの花火も撮ることができません。

 

そこでおすすめのアイテムが、

 

三脚一つあれば夏の花火撮影も、夜の星空も綺麗に撮影することができます。

コンパクトに収納もできるので持ち運びもしやすいですし、車に積んでおくだけで移動先でも簡単に使うことができます。

ですが、ここまで大きい三脚は必要ないという方には、リュックに入れることができるミニ三脚がおすすめです。

 

 

ぼくのカメラ友達もかなり重宝するほどマンフロットのミニ三脚は 愛用されています。ぼくもマンフロットのミニ三脚を愛用していて、写真を撮りに行くときは常にカバンの中に潜ませています。

 

■関連記事

最新トレンド!おしゃれなリュック・バックパックの人気ブランド

 

いずれかの三脚があるだけで夜の撮影は格段にしやすくなりますし、手持ちで撮影したとき以上に綺麗に撮影することができるので「インスタ映え」した写真を撮りたいという方にはぜひおすすめです。

 

簡単に構図も考えてみる

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

あまり見かけない建築物やスペースデザインをピックアップして撮影するのもいいですね。

あまり見かけることが無いからこそ映える写真を撮ることができ、そういう場面や場所をオリジナルのスポットとして写真で紹介するのもいいかもしれませんね。

 

撮影の仕方のポイントは

  • 簡単に構図も意識して撮影してみる

 

構図と聞けば難しいモノのように思えますが、あまり考えずに簡単に「ここだとこういう撮り方の方がいいんじゃないか?」と思った通りに撮影してみてください。

難しく考えれば考えるほどよくわからなくなってしまうかもしれないので簡単に意識することが大切です!

テクニックだとか考えてしまうと何が正解か分からなくなってしまう事もあるので、自分の思う感じで楽しむことが一番ですね!

 

人が少ない時間帯を狙う

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

今では編集ソフトやアプリを使用すれば写真に写り込んでしまった人を編集で消すことができるかもしれませんが、そのような写真の編集や加工が苦手な方はあえて人が少ない時間を狙いましょう!

 

撮影の仕方のポイントは

  • 人が少ない時間帯を狙う

 

インスタグラムで投稿したこの写真は、鎌倉から江ノ電に乗り「長谷駅」で撮影しました。

都会ではなかなか見ることができなのどかな田舎の雰囲気と、写真では伝えることができませんがセミの鳴き声が「夏休み」という感じを最大限に身をもって体験できる場所。

 

人が少ない時間を狙うことで、風景だけを写真に収めることができますし、大体人が少ない時間といえば朝方なので涼しい風を浴びながら写真撮影することもできます!

 

見慣れた光景も視点を変えれば

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

この写真のように、東京にお住まいの方にとっては当たり前の光景かもしれませんが、視点を変えて両脇に並ぶようにして撮影してみると臨場感というか迫力を感じませんか?

こういう写真も勝手に「インスタ映え」と思っているぼくですが、意外にも道路の真ん中から見たオフィスビル街もありなのかもしれません!

 

撮影の仕方のポイントは

  • 普段と違う視点を持って撮影すること

 

「違う視点」というのは特にカメラ友達と風景写真を撮りに行く撮影会に参加すればよく分かることですが、カメラ友達と同じルートを歩いていても撮り終わったデーターを見比べると全然違う視点からの写真がたくさんあるはずです。

人それぞれの特徴と違う視点からの撮影で全く印象の違う写真も撮れたりするので、友達とカメラ旅をしてみて楽しむ方法もいいかもしれません!

 

角度を変えて撮影するだけで光の入り方が全く変わり、これまでとは違う雰囲気の写真が撮れるので光に気を使って調整すると面白い写真を撮ることができるかもしれませんね!

 

インスタ映えしやすい撮り方・まとめ

 

TwitterやFacebook、Instagramといったソーシャルメディアで今や「SNS映え」という言葉をよく耳にしていたので、今回は、「インスタ映えしやすい撮り方」について解説しました。

 

インスタ映えしやすい撮り方として

  • 大々的にピックアップして撮る
  • 花火撮影はあえて遠くから
  • 簡単に構図も考えてみる
  • 人が少ない時間帯を狙う
  • 見慣れた光景も視点を変えてみる

 

これら5つのことを紹介しました。

その中で必需アイテムとして、

 

三脚を紹介しました。

特に夜撮影時には欠かせない安定して撮ることができるアイテムなので1つ持っておいてもいいものだと思います。

 

今回の「インスタ映えしやすい撮り方」の記事を少しでも参考にして頂けたら幸いです。

これからも気づいたことを記事にしつつ、インスタグラムでは日々の風景写真なども投稿しているのでよければフォローの程よろしくお願いします!

注意

夏場は暑いので、熱中症対策には十分に気を付けましょう!

 

インスタグラムのフォローお待ちしております!
リヨ(@riyo_yg)

 

■関連記事

インスタグラムのフォロワー数がアカウント開設から1週間で68に増えた!

インスタ映えのシートを作って写真の撮影環境を整えてみた。

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.