インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

Instagramは位置情報からもアクセスがあるんだよ。面白い検索ワードも公開!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

今日投稿する写真を選んで、キャプション書いて、ハッシュタグを付けてと、よし写真を投稿!っと!

SNSペンギン

ちょと待てい!

インスタグラムに投稿する写真に位置情報を付けたかい?

インスタ依存ペンギン

位置情報??付ける意味あるの??

SNSペンギン

えっ今まで位置情報を付けずに投稿していたの?

位置情報からもあなたが投稿した写真を見つけることもできるんだよ!

インスタ依存ペンギン

 

おそらくインスタグラムを利用している方でこれまでに「位置情報」を活用している方は少ないことだと思います。

 

というのも位置情報を利用するれば

  • 場所が特定されてしまう
  • バレないのか不安になる

などなど不安要素が先行して使いたくても使えない方もいることでしょう。

 

ですが、インスタグラムでの「位置情報」はフォロワーを増やすうえで「ハッシュタグ」と同じくらい重要なポジションを占めています!

 

そのため、インスタグラムの位置情報はフォロワーを増やすうえでの活用では欠かすことができない存在ですが、先ほども言ったように「位置が特定されてバレるのではないか?」といった不安要素もあるかと思います。

そういった位置情報を利用した時の不安要素も使い方によってはまったく気にしなくてもよくなります。

 

この記事では不安になる部分も含め、フォロワーを増やしたいと考えている方の投稿の最大化を図る活用方法を紹介していきます。




インスタグラムで位置情報を使用するメリット

 

位置情報と聞けば

  • 特定されないかな?
  • 投稿に位置情報を載せるのは少し抵抗がある
  • 載せる必要あるのかな?

 

と人によって様々な印象を受けることだと思いますが大半がマイナスなイメージでしょう。

確かにSNSにおいて位置情報を掲載することは最善の策という事はできません。

 

ですが、インスタグラムにおけるメリットとして

  • 位置情報から投稿した写真を見つけてもらえる
  • ハッシュタグ的な活用ができる
  • 共通を見つけやすくする

 

とこれらのメリットがあります。

3つのメリットを以下では詳しく解説していきます!



位置情報から投稿した写真を見つけてもらえる

 

インスタグラムでは投稿した写真がどれだけ他のユーザーに見てもらうことができるかがフォロワーを増やすうえで重要となってきます。

 

投稿した写真が他のユーザーにインプレッションする方法は

  • あなたアカウントのフォロワー
  • ハッシュタグ
  • 位置情報
  • フォロワーがいいねを押した写真として表示されるタイムライン

 

これら4つがインプレッションする基本的な要素になりますが、

ここで注目しておきたいのが「ハッシュタグ」と「位置情報」です。

 

インスタグラムの醍醐味として「ハッシュタグ」の活用が目立ちますが、基本的にあなたをフォローしていないユーザーから「いいね」をもらう場合は「ハッシュタグ」の使用が必須となります。

関連記事:インスタグラム検索でフォロワーの属性を強くする活用方法。

 

それと同じ働きをするのが「位置情報」です。

 

「位置情報」を使用することで

  • 同じ場所で写真を撮ったユーザー

が「いいね」を押しに来る可能性がグン!と高まります。

 

というのも、「位置情報」は1つの投稿に1つまでしか使用することができません。

「ハッシュタグ」の場合は30個使用することができるというメリットがありますが、30個もハッシュタグがあると閲覧のパワーが分散しあなたの投稿を見つけることが難しくなります。

 

ですが、「位置情報」は1つの投稿に1つだけなので、

  • 同じ場所で撮影したユーザー
  • 行きたいと思っているユーザー

 

などなど、その現地情報を気にする「濃いユーザー」をターゲットに写真を投稿することができますし見つけてもらうきっかけになります。

 

位置情報をハッシュタグ的に活用ができる

 

上記でも説明したように、インスタグラムで投稿する写真を他のユーザーに認知させるための手段として「ハッシュタグ」と「位置情報」の2が重要なポジションを占めます。

 

先ほども「ハッシュタグ」と「位置情報」の違いを簡単に説明しましたが、詳しく説明すると、

 

ハッシュタグ

  • 1度の投稿に使用できるのは30個まで
  • 人気ハッシュタグを使用することでたくさんのユーザーにアプローチできるが埋もれやすい
  • 人気投稿に掲載されれば多くのユーザーにインプレッションする
  • 「いいね」や「コメント」をもらいやすいが、「いいね」や「コメント」の裏側には「フォローして」の気持ちが込められている

 

位置情報

  • 1度の投稿に使用できるのは1個まで
  • ハッシュタグほど活発ではないが、濃いユーザーにアプローチすることができる
  • 位置情報にも人気投稿があり、人気投稿に掲載されれば多くの濃いユーザーにインプレッションする
  • 同じ場所や共通の趣味といったことから、「いいね」や「コメント」に「わたしも同じ場所行ったよ」という気持ちが込められている場合がほとんど

 

ハッシュタグとは効果が異なる位置情報ですが、使い方的にはハッシュタグ感覚で使用するのが理想です。

ただ、位置情報は1つしか使用することができないので「人気の場所」で投稿するのが濃いユーザーを集めるカギになりますね。

 

共通を見つけやすくする

 

位置情報を使用すれば共通を見つけやすくすることができます。

 

例えば、東京に行ったときの写真を投稿したとします。

 

 

  • 位置情報:東京タワー
  • ハッシュタグ:東京タワー関連30個

 

位置情報を東京タワーにしたことで

  • 東京タワーに行った人
  • 東京タワーの写真を撮った人
  • 旅行で東京へ来ていた人
  • 東京タワーに行きたい人

 

これらの「東京タワー」に興味や関心、旅行で訪れたユーザーに届けることができます。

ハッシュタグよりも位置情報は目的が強いので共通意識を高めることができます。

 

目的意識が強いと写真を参考に、同じ場所で同じ風景を撮影したいカメラを趣味にした方も少なくないので、「参考にさせてもらいました」といったコメントも多く見られます。

そのため、属性の強いユーザー(アクティブユーザー)をフォロワーに増やしたいのであれば位置情報を使用することがおすすめです!

 

それでも位置情報の使用には少し不安がと思うことだと思います。

以下では「位置情報」の不安要素について細かく解説していきます。

 

インスタグラムの位置情報が不安だと感じる方は

 

位置情報って聞くと

  • 特定されるかもしれない
  • バレないのか不安になる

といろいろな不安がよぎることだと思います。

 

そんな時は「位置情報」を正確な位置にしなければいいんです!

 

あるいは、

 

沢山投稿されそうなスポットの位置情報を付ければいいんです!

 

位置情報は検索して希望の位置情報を写真につけることができます。

なので、「大阪城」の写真に「大阪城」ではなく「大阪」とざっくりした位置情報を付けることもできます。

それでも「大阪城」の場合だと「大阪城」の位置情報を付けることをおススメします。

 

理由は先ほど上記で説明した「共通を見つけやすくする」をご覧ください。

 

ざっくりとした位置情報を使えるだけで広い範囲で場所を特定することなく位置情報を使用することができるので「特定されるのではないか」といった不安要素はなくなるかと思います。

 

また、位置情報には面白い活用方法もあります!

 

どっかそのへん?

 

以前、インスタグラムの面白さ「どっかそのへん」にありという記事を書きました。

位置情報を面白おかしく楽しむ方法もあるので興味ある方は関連記事をご覧ください。

 

インスタグラムの位置情報・まとめ

 

インスタグラムの位置情報はハッシュタグと似た効果があるのでインスタグラムでフォロワーを増やしたいと考えられている方であれば活用することをおススメします。

このブログではInstagramをはじめTwitterやFacebookなどのSNSに関する記事も公開しているので良ければご覧ください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.