りょうろぐ

失恋から立ち直るには行動をすること!きっかけはいくらでもある!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

付き合ったキッカケが相思相愛でも、長い日を彼氏彼女の二人で過ごす中で相性の問題だったり、将来的なことを考えた時にすれ違いが生まれ失恋してしまうことがあるでしょう。

ぼくも大学生時代に失恋をし立ち直るまでにかなりの時間がかかりました。

それでも立ち直ることができたのにはいくつかの理由があります。

長いこと付き合ってた彼氏、彼女と別れ、今、失恋して立ち直れない人に伝えたいことがあります。

その伝えたいことをこれから紹介していきます。

 

失恋したとき

 

失恋は予兆もなく急に訪れます。

ぼくもこれまでの恋愛は順調だと感じてしましたが、気づいたころには別れの話。

現実を受け入れるのも充実していたときが忘れられず、現実を受け入れない日々が分かれたその日から続きました。

 

このように当たり前とはかけ離れた現実が急に訪れてしまいます。

次の準備をしていたわけでもなく、一途に好きと思っていたことも馬鹿げた感じになってしまい、失恋を強く感じたことでしょう。

失恋から立ち直るにも時間がかなりかかり、これまで好きになってた人だからこそ忘れるのにもかなり時間がかかることだと思います。

 

失恋をした時にどのようにして立ち直ればいいかわからない人もいるかもしれません。

当時失恋したぼくも実際は立ち直り方が分かりませんでした。

今振り返ると、自然に立ち直るために自ら行動していたことに気づきました!

 

失恋から立ち直るために

 

あえて失恋から立ち直るために「このように」していたということでもなく、今気づけば「失恋したときにしていたこと」が今になって、「立ち直るため」の行動だったということに気づきました。

 

やりたかったことをする

 

ぼくは失恋した当時、何もやる気が起きず常に根暗な状態になってしまっていました。

初めての恋愛は大学に入ってからだったので、もちろん失恋経験も初めてでした。

そのため、別れたその日はひたすら泣きました。笑

今となっては笑い話になっています。笑

 

それから、ある日、大学の友人にファッションショーにでえへん?と聞かれ、

昔からモデルには関心があったので、「出る」と即答!

そこからぼくの運気は一気に上昇になりました。

 

このファッションショーの話は話すと長くなるので、いつか記事にしたいと思います。

 

で、そのファッションショーを経験し、本当のモデルとして大きな舞台で活躍したと思い、モデル事務所に書類を出しオーディションしてもらえることに!

何もかもがうまくいき、ついに所属事務所が決定して大学生活はモデルとして過ごしていました。

 

このように「やりたい」と思っていたことをしていくうちに、失恋から立ち直っていて今の状況に満足していたので、過去のことなんて一切頭になかったです。

むしろ、一人になったからこそ自由に動き回れる時間ができて「やりたかった」ことができる環境になっていたことが自分にとってかなりプラスになりました。

 

今失恋で立ち直れなく悩んでいる人に助言を言うならば、

自分にとってプラスになるやりたいことをしよう!

このことが大事です。

 

間違っても振られたから「落ちぶれるような人になってはいけません。」

お酒におぼれ、遊びまくる。

マイナスのことを考えるよりも、自分にとってプラスになるやりたいことをする方が自分の人生において何もかもが本当に楽しいはずです!

 

実際にぼくは、モデルをすることで自分にとって最高の期間を過ごすことができました。

 

友達と一緒に遊ぶ

 

友達と遊ぶといっても、お酒におぼれ間違った遊び方をするのはよくないですね。

自分を悪くしてしまい、失恋経験だけでなく品格そのものを落とし損ねないです。

そういう遊びじゃなくても、友達といっぱいしゃべったりすることも失恋から立ち直る大きなきっかけにもなります。

 

やっぱり信頼できる友達には話せる話というものがあると思います。

ぼくも実際、仲のいい友達といろんな話をして気持ちが楽になりました。

もともと考えてしまう性格だったので、失恋したときは「なんでなんだろう」とかいろいろなことを考えたりしていました。

それでも話ができる友達がいてくれたことで、今を楽しく過ごすことができるようになり、友達の大切さを実感しましたね!

 

行動をすることで立ち直るきっかけができる

 

当然、失恋したときは落ち込んでしまうことはあります。

立ち直るまでに時間はかかり、ぼくもかなりの時間がかかりました。

それでも、動き出すきっかけや信頼できる友達がいたことで、根暗になってしまっていた自分に光が差し込みすべてがプラスに働いていきました。

 

先ほど紹介したように「やりたいことをやる」ことは特に失恋したときに大事になってくることだと思います。

汗水流すスポーツでも、したい仕事でもなんでも。

 

自分がしたいことは無我夢中になれる唯一の事だと思うので、今立ち直れない人は「やりたいこと」をしてみてください!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リョウオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.