インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

学生時代の青春といえば… 部活・恋愛・修学旅行を振り返ってみた!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

大人になるにつれて学生時代の青春物語の記憶が少しづつ薄れていく日々。若い時は何をしても楽しかったそんな日ですが、青春といえば何があったか振り返って、昔の過ごした学生時代を思い出したい。そんな思いから、「青春といえば」をテーマに振り返ってみます。

 

皆さんはどんな青春時代を過ごしましたか?

 

テレビドラマみたいなストーリーがある人も入れば、ただ学生時代を過ごしていた方もいるかもしれません。

それでもこんな青春がうらやましかったなとか、こんな青春時代を過ごしたかったな~とかいろいろあると思います。

 

ぼくもザっ青春な過ごし方をしている友達を見てうらやましく思った経験もあります。

 

そんなうらやましい青春も含めて「青春といえば」について振り返ってみます。

 

青春といえば「部活」

青春といえば「部活」

 

将来の夢を強く抱く学生時代。

中学生、高校生の時は特に将来の夢を強く抱いていたことでしょう。

ぼくもサッカーをしていた頃は、プロサッカー選手か監督になりたかったと思っていました。

 

朝早くから朝練をし、夜遅くまで部活をする毎日。

試合をして勝つこともあれば負けたこともある経験。

試合に応援してきてくれる友達。

 

こういうイメージが「部活」の青春を強く感じさせますね!

 

部活終わりの帰り道

部活終わりの帰り道

 

部活終わりの帰り道も特に青春だなーと感じた。

それは、好きな人と日が暮れた道を隣に並んで帰ること。

中学生頃から好きな人と近づき始める年ごろ。

ぼくはその経験ができませんでしたが、その光景を見るたびうらやましさも感じましたね。笑

 

好きな人と帰ることも青春だし、

それを見てうらやましく思うのも青春の醍醐味かもしれません。

 

彼女と家が真逆なのに、日が暮れた道を歩いて家まで送る人もいたことだと思います。

そんなことをしてみたかったそう思えることも青春ですね。

 

青春といえば「修学旅行」

青春といえば「修学旅行」

 

友達と行くからこそ楽しかった修学旅行の思い出。

あまり行くことが無かった海外に行くことができ、友達と過ごすことができる楽しみ感。

部活に励む友達とはなかなか遊ぶ機会がなかったけど、修学旅行では常に一緒に楽しむことができた。そんなこともあったりと、修学旅行は学生生活での最大のイベント!

 

好奇心溢れた学生時代に訪れた海外は、もうそれはそれは「楽しみ」でしかなかった。

現地の料理を食べ、人と触れ合い、友達と過ごす。

このことが今お見返せば懐かしくよみがえる「青春」なのかもしれませんね。

 

青春といえば「恋愛」

青春といえば「恋愛」

 

青春といえば「恋愛」が大半をしめるかもしれませんね。

誰もが学生時代に恋愛に対してあこがれを持ったことだと思います。

 

好きな人と一緒に学生生活を過ごした。

好きな人がいたけど何も伝えることができなかった片思い。

気になる人と仲良くしている友達がうらやましかった。

 

そんな経験は学生時代につきもの。

シャイで気になる人にしゃべりかけることさえもできなかった方もいるかもしれません。

 

それでも今思い返せばその出来事もまた素晴らしい「青春

その出来事が今となって力になってることかもしれません!

 

青春といえば「学祭」

青春といえば「学祭」

 

クラスメイトの皆で一つのものを作り上げる学祭。

ポテトフライやホットドック、ケーキ、ドリンク。

食べ物からお化け屋敷といったお店を1から作り上げる学祭はクラスメートの皆と絆が深まる最大のイベント。

 

これまではしゃべったこともなかった顔見知りのクラスメイトと仲良くなる大きなきっかけにもなった学祭。

みんなで作り上げたお店は「達成感」そのものですね。

 

学祭終わりの打ち上げも忘れられない。

クラスメイトの皆で作り上げたお店から汗水流した売り上げ。

そのお金を握りしめ、学祭終わりにした打ち上げは誰もが笑い合い皆が笑顔だった瞬間。

その達成感を味わうことができた学祭は「青春」そのものですね!

 

青春といえば「友情」

青春といえば「友情」

 

これまで仲良く友達だったのに、ぎくしゃくしてしまい口を利かなくなってしまった出来事だってあったはず。

今まで一緒に帰って、一緒に笑って、一緒に楽しんで。

何もかもが幸せな日々を過ごしていたのに、あることがきっかけで喧嘩や口を利かなくなるそんなことはなかったですか?

 

でも、本当に友達として仲の良かった人たちは必ず仲直りをしているはずです。

一度ぎくしゃくしたぐらいで途切れない絆は「友情」そのもの。

薄っぺらい絆ではなく太く強い絆で結ばれていた「友情」は今も続いていることかもしれません!

 

一度喧嘩しても仲直りできることはお互いを知る人としても素晴らしいことだと思います。

そんな出来事も大人になってしまえば記憶の端っこにしか残らないかもしれません。

忘れそうになったら、強い友情で結ばれた友達と昔の話をしながら遊ぶのもいいですね!

 

青春といえば「恋愛ソング」

青春といえば「恋愛ソング」

 

なぜかわからないけど「恋愛ソング」が心に沁みた学生時代。

ぼくの時代は「小さな恋の歌」が特に青春の思いを感じた歌ですね。

学校の帰り道に聴きながら「なんかあるのかな~」とか思ったり。笑

 

皆さんも青春を感じる歌があるのではないでしょうか?

 

学生時代に過ごしていた生活にリンクするように恋愛ソングの歌詞がはまり、自分のことが歌になっているように感じてしまうそんな青春時代。

今では実感することができない学生時代も、忘れてきた今だからこそ古びた思い出として、使い古したレザーのようにオリジナルの味が出てきているのかなと感じます。

 

皆さんの青春時代はどんな過ごし方をしていましたか?

 

ぼくが過ごした学生時代に当てはまる形で「青春といえば」について振り返ってみました。

皆それぞれの過ごし方があったからこそ「青春」という言葉もあるのだと思います。

久々に振り返ってみれば思い出す過去の物語がいっぱい出てくるはずです。

ぼくも実際この記事を書ているときに、学生時代のいろんな出来事や友達とのことが頭一杯に広がりました。

 

案外、忘れてそうで忘れていなかった出来事もあったりと、久々に振り返ってみてこんなことが楽しかったなと感じ事もありました。

 

10年、20年経ったときには記憶もあいまいになっているかもしれません。

記憶も古びるほどに味が出ると思うので、忘れないためにも「青春といえば」という形で思い返してみるのもいいのではないでしょうか?

 

皆さんの「青春といえば」をぜひ聞かせてください!笑

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.