インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

写真を撮るようになったきっかけ。カメラの面白さに溺れそう!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

気づけば日頃から一眼レフカメラを持ち歩き、どこに行くにも常に片手にあったカメラ。

2018年からカメラをはじめ、そんなこんなで半年以上が過ぎて今では「趣味」がカメラと言いたいほど写真を撮るのが好きになりました。

まだ、日が浅いうちにカメラを始めたキッカケを記憶とともにブログ記事に記録しておきます。




気づけば手元にあったカメラ

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

僕が愛用するカメラはNikon D5500です。

ニコンの一眼レフカメラの中でもカメラデビューにはうってつけの一眼レフカメラ。もともと欲しくて購入したわけではなかったんですが、よく沖縄に旅行へ行っていたので綺麗な写真を撮るためにと購入したものでした。

なので、普段カメラで写真を撮るときというのは「沖縄旅行限定」での使用でした。

 

そこで思ったんですよね。

せっかく家にいい機材あるのにもったいない。

ほんともったいない。

 

カメラ好きの写真家がこの話を知ったら確実に「宝の持ち腐れだ!」って思うことだと思います。

僕でさえそう思いましたもん。

 

しかも、普段からカメラを使わずたまにしか使わないので基本的に撮影スタイルは「オート任せ」でした。

 

夕日を撮影したければ「夕焼けモード」に切り替えて撮影をしたりと、カメラに入り込めていなかった時はただ風景を収めるだけの道具にしかすぎませんでした。

 

でも、ある日をきっかけにカメラのことをもっと知りたいと思うようになりました。

 




カメラを知りたいと思ったキッカケ

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

普段は写真を撮る方というよりも撮られる側でした。

というのも学生時代にモデルをしていたという事もあって、今でもモデルのお仕事を頂いたり、趣味でポートレート撮影の被写体になったりと写真を撮ってもらっていました。

 

で、撮影しながら思ったんですよね。

「撮影している時、カメラマンの気持ちってどんな感じなんだろう」って

 

ただただ、小さな疑問にしか思いませんでしたが、

「カメラマンの気持ちが分かればモデルのポージングに変化を付けることができるかも」と思ったのがキッカケで、この日からカメラに興味を持ち始めました。

 

幸運にも家に「沖縄旅行」の時にしか使っていない一眼レフカメラのNikon D5500があったもんですから、これは撮るしかないと思いカメラとの日々が過ぎていきます。

 

最初は使いこなせなかったNikon D5500

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

良く撮影してくれているカメラマンの方たちと一緒にお写ん歩に混ぜてもらいカメラの練習をしていました。

※お写ん歩とは、風景やポートレート写真を撮りながら散歩すること。

 

もちろん、今まで旅行の時にしか使用していなかったので「オート設定」でシャッターを切るだけで精一杯でした。構図も何も考えずに、とりあえずレンズに覗き込んではシャッターを切るの繰り返し。

 

それでも何十枚、何百枚に2枚ほど最高の写真が撮れるんですよね!

それが本当にうれしくて、なによりおもしろい!!!!

そう思えました!

 

このうれしさがカメラに対する熱を上げ、とりあえずは「マニュアル設定」で撮影できるようにといろいろと勉強しました。

 

マニュアル設定で撮影するために

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

カメラには今その場の情景に相応しい撮影の設定を自動でしてくれる「オートモード」があります。

その反対に、「シャッタースピード、F値/絞り、ISO感度」を自分で設定する「マニュアルモード」もあります。

 

最初は

  • シャッタースピード
  • F値/絞り
  • ISO感度

 

この3つの意味すら理解できず、とりあえずマニュアル設定でたくさん練習をしました。

おそらくマニュアル設定で撮影できるようにするために1000枚以上は撮影したのかな。

 

はじめは「シャッタスピード」を早くしてみて1/4000のスピードでシャッターを切ってみました。

すると、画面が真っ暗。

今ではそりゃそうだと思いながら、次にシャッタースピードを1/800にして撮影。

すると、まだ暗いけど少し景色が浮き出てきた。

 

こんな感じで

  • シャッタースピード
  • F値/絞り
  • ISO感度

 

これらを実際に使用して気づいたころには「マニュアル設定」で撮影ができるようになりました。

あっ、もちろんニコンのホームページなどでマニュアル設定についての基本操作を勉強しました。笑

※ニコンユーザにおすすめの「デジタル一眼カメラの基礎知識

 

マニュアル設定で撮影できるようになってから更にカメラ熱が過熱しました。

そして、ついに一人旅に!

 

一人旅でカメラ練習

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

ある程度「マニュアル設定」で撮影できるようになったころ、もっと違う写真を撮影したいと思うようになり、一人旅をしようと思いました。

 

一人旅といっても東京ですが、それでも普段行くような場所ではなかったので写真撮りたい欲が過熱。

スカイツリーや浅草寺を撮影。

 

東京へ一人旅については下記の関連記事で紹介しているので良ければご覧ください!

 

この一人旅が面白いぐらいに楽しくて、重たいカメラを抱え、鞄一つで5日間観光しました。

 

カメラで写真を撮るようになってから

 

RIYOさん(@riyo_yg)がシェアした投稿

 

趣味はカメラと言えるようになったころから、常にどこに出かけるにしても片手にカメラを持って出かけています。たとえそれが散歩でも。

写真を撮るようになってからいつも歩く同じ道でも、カメラを持っているとみるところが違うのか新しい発見ができていつも新鮮な感じです。

 

そう思えるようになったのも「マニュアル設定」で撮影できるようになり写真の楽しさを感じるようになったからかもしれません。

 

ほんの小さなキッカケ

今の趣味を最高に楽しくしてくれています。

 

写真を撮るようになってからブログ記事でも50㎜レンズだけで撮影した写真を紹介したり、フォトウォーク記事も書いているので良ければご覧ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.