りょうろぐ

ロシアワールドカップの日程と優勝国を勝手に予想!不安感が募る日本代表の現状も!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

2018FIFAロシアワールドカップが始まる日程はご存知ですか?

日本代表のFIFAランク低迷とともににワールドカップに向けての盛り上がりが欠けてると思い、ワールドカップの優勝国を勝手に予想して少しでも興味を持ってもらえるように簡単に説明していきます。

 

2018 FIFA ロシアワールドカップの日程

開催国ロシアで行われるワールドカップ。

サッカー日本代表は6大会連続でワールドカップに出場する。

日本が属するグループリーグは「グループH」

 

第一試合

現地時間:2018年6月19日15:00 キックオフ
日本時間:
2018年6月19日21:00 キックオフ

コロンビア VS 日本

 

第二試合

現地時間:2018年6月24日20:00
日本時間:2018年6月25日0:00

日本 VS セネガル

 

 

第三試合

現地時間:2018年6月28日17:00
日本時間:2018年6月28日23:00

 

日本 VS ポーランド

 

決勝トーナメント日程


出典:JFA

 

グループ1位通過の場合
ラウンド16
2018年7月3日21:00キックオフ

準々決勝
2018年7月7日18:00キックオフ

決勝
2018年7月15日18:00キックオフ

 

グループ2位通過の場合
ラウンド16
2018年7月2日21:00キックオフ

準々決勝
2018年7月6日21:00キックオフ

決勝
2018年7月15日18:00キックオフ

3位決定戦
2018年7月14日17:00キックオフ

 

ロシアワールドカップ出場国

アフリカ

・エジプト
・モロッコ
・ナイジェリア
・セネガル
・チュニジア

 

アジア

・日本
・オーストラリア
・イラン
・サウジアラビア
・韓国

 

欧州

・ベルギー
・クロアチア
・デンマーク
・イングランド
・フランス
・ドイツ
・アイスランド
・ポーランド
・ポルトガル
・ロシア(開催国枠)
・セルビア
・スペイン
・スウェーデン
・スイス

 

北中米カリブ海

・コスタリカ
・メキシコ
・パナマ

 

南米

・アルゼンチン
・ブラジル
・コロンビア
・ペルー
・ウルグアイ

全32ヵ国

 

ロシアワールドカップの優勝国を予想

 

ロシアワールドカップの優勝国を3か国予想してみました。

 

欧州から2チーム、南米から1チーム。

予想としては、ベルギー、スペイン、ブラジルの3か国です。

 

優勝国予想 その1:ベルギー

 

ベルギーには有望な若手がかなり多く、どの選手も世界トップリーグでプレーしています。特に司令塔の「デブライネ」はマンチェスターシティでプレーしている世界的ミッドフィルダーです。ウィングには足の速い「エデンアザール(チェルシー)」もおり、ネームバリューだけでなく技術面でも申し分なし。

前大会ではベルギーは「ダークフォース」とも呼ばれていて、前大会から4年経ったロシアワールドカップでは成熟した世界トップ選手たちがスタメンに名を並べています。

 

優勝国予想 その2:スペイン

 

サッカーしている人でなくてもワールドカップで優勝する国は?と聞かれたら誰もが「スペイン」と答えることだと思います。圧倒的なパスワークで魅了するフットボールは「無敵艦隊」と呼ばれていて、パスワークだけでなく技術面におけるテクニックはマネできないものばかり。

 

足も速ければドリブルも世界トップのレベル。また、2016年夏から負けがないというまさに無敵艦隊。

 

常識離れした強さと、魅了するフットボールにはスペインだけでなく世界中にもファンがあふれている。

 

優勝国予想 その3:ブラジル

 

サッカーの王国と呼ばれるブラジルは「ネイマール(パリサンジェルマン)」を筆頭に、「ガブリエウジェズス(マンチェスターシティー)」など才能あふれた若手選手が多く存在する。

 

ブラジルもまた、独特なリズム感で余裕のあるテクニック、状況判断が早く一度波に乗りだしたら止めることができない。

 

過去に日本が対戦するも大差をつけて負けており、破壊力を持った攻撃陣はどの代表チームであろうと関係なく点を決めてしまう。

 

唯一ブラジルに勝る部分とすれば、開催国がロシアであること。寒さが強いロシアでは筋肉が硬直し、思ったようにプレーできるかどうか・・・

 

ただ、世界トップを走るチームだけに適応力は高そう。

 

ロシアワールドカップを戦う日本代表の現状

 

ハリルホジッチ前監督が解任され、後任として西野朗新監督が誕生した日本代表。

 

本田圭佑、香川真司、岡崎慎司が代表メンバーから外れていた中で、新監督となった西野朗監督の日本代表を指揮が始まる。

 

香川真司は最近はけがをしていたということもあり招集が見送られていたが、現在は復帰に前進しワールドカップ出場を目指しています。

 

若い選手が選出されることはもちろんいいことだと思います。ですが、前監督のハリルホジッチはベテラン選手を同時に外し、チームの総合力が低下してしまいこれが解任につながったはずです。

 

やっぱり、若手選手を呼ぶなら同時にベテラン選手も呼ぶべきだったようにも思います。

 

ですが、西野朗監督はJリーグで指揮の経験もあるので日本人選手には詳しく、日本語でのコミュニケーションも取ることができるのでプラスに考えていいでしょう!

 

 

まとめ

 

ベルギー、スペイン、ブラジルの3つの優勝予想国を上げつつもやっぱり日本国民である以上、日本の優勝姿を見てみたいという思いが募りますね。

 

ロシアワールドカップまであと2か月ですが西野監督の手腕に期待です。

この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リョウオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.