りょうろぐ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

大学生活の卒業を迎えてやり残した後悔3つ。これからの学生に伝えたい。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

何とか124単位を取り終えて大学を卒業できそうです。
4年間といった大学生活もあっという間。

1回生、2回生の時は単位の取り方が分からなくて、大きな壁にぶち当たって苦の時間もありましたがそれも大学生の醍醐味かなっと思います。笑

大学入学時は入学式でスーツを着ることが楽しみで、大学生ながら大人になった気持ちでした。入学してみれば、授業のスケジュールは必修以外は自分で組み、講義の出席レポートを必死で書く毎日。

でも、この出席レポートがかなり成績に影響し、それでも講義を振り返る絶好のチャンスみたいな感じでした。

今思えば、懐かしささえも感じてしまいますが、この出席レポートは論文を書く上でかなり大切な過程(プロセス)だったと思います。

知識を付け、自分の見解を述べたりしたことで身に付いたことが多い大学生活ですが、
それでもやり残した後悔が少なからずあります。

 

サークルに入っておけばよかった。

私は国際教養といった英語を中心に教養する学科に入っていました。
なので、外国人留学生の友達が欲しく外国人留学生と交流を持てるサークルに入っていました。

1回生のうちはBBQ(バーベキュー)やお城観光、
夏には留学生含む40人ぐらいで海に旅行へ行きました。

大学が宿泊施設を持っていたので、
500円程で泊まったことは今でもはっきり覚えています。笑

1回生のうちはかなりサークル活動を楽しんでいましたが、
参加していたサークルの活動頻度がかなり低く、
半年に1度と参加する意味が分からなくなりました。
1回生の時のみ入っていたので、仲良くしてくれた先輩方は卒業し、
後輩を持つ機会がなかったですね。

同期の友達とは今でも仲良くしていますが、
なぜサークルを抜けて将来的に続くかもしれない人脈を作らなかったんだろうと思ってしまいますね。
こういった後悔が時々頭に浮かびます。

そうならないためにも積極的にサークルに参加し、大学生活を楽しめる環境作りも大事!

特に大学生で知り合った友達は、今後続く友達になると言われるほどなので、
私の経験からして大学生活でサークルに入ることはかなり重要になります。

部活はしたくなくても、サークルなら遊びがてら好きな事や趣味、
スポーツなどに没頭することもできるのかなと思いました。

 

起業に関することにもっと触れておけばよかった。

大学は英語専攻だったので主に海外留学事情や海外都市の歴史と文化を学んでいましたが、
将来に関する起業だったり仕事の話をするといった機会が全くありませんでした。

大学教授が特別講師を招いて特別講義で起業家育成入門みたいな講義はあったものの、特別講師は30回講義中2回ほどしか来ず、起業したことがない大学教授の話を聞いて何の参考にもならなかったです。

大学で将来的なことを見つけるには当たり前のことだとは思いますが、自分から動き出さないと本当に何もないですね。

その特別講義も特別講師としてきた人も正直胡散臭い感じがして、大学で学ぶようなことではありませんでした。

大学生は大人への一歩手前なので、将来どのように仕事をして生計を立てればいいか考える期間でもあります。なので後悔としては、仕事に関する講義内容が少ない大学に来てしまったことがとても大きいです。

要望としては、大学で起業に関する講義をもっと取り扱ってほしい。

また、これから大学生になる人へ伝えるとすれば、
『自分から行動することを忘れてはいけない』ということです。

 

将来的にも自分と強い関わりを持った友達を見つけられなかったこと。

もちろん仲の良い友達はいるものの、深い関わりを持つ親友といった存在を作ることができなかったことが後悔です。

1つの講義に200人ほどとかなり多くいる講義もありますが、ほぼほぼ話すことはなく顔見知りみたいな雰囲気が漂います。笑

必修があれば少人数クラスがほとんどなので仲良くなれると思いますが、
大人数の場合は特にきっかけがいりますね。

ですが、サークルに入ることで同じ趣味を持った人が自然と集まるので、
そういう集まりに参加することが新たな友達を作るチャンスだと感じました。

入学当時は誰もが気を張っていたと思います。
私もそうでしたが、強がったりせず力を抜くことで楽しい大学生活が送れることでしょう。

 

もっと海外へ行っておけばよかった。

英語を専攻するうえで海外留学は一つの目標

日本にない建築や文化そういったものを語学を通して学べる絶好のチャンスですが、私は旅行で韓国に行ったものの、勉強ではなく旅行でした。笑

そのため主に留学生と交流(学内留学)を行っていました。
ですが、留学生から学ぶものは語学が中心で海外の本場の空気、建物、文化は直接触れる機会がなかったです。

また、ついていなかったのか私の下の学年から留学がしやすくなるプランが存在して私の学年は対応しておらず、留学がしにくかったのもあります。

4回生になって卒業を迎えた今、1回生の人たちに向けた留学プランがさらに増え
私の時よりもさらに留学しやすくなっているので、
これから大学生になって留学を考えている人は、
学内に設けられた国際センターを存分に利用するべきだと思います。

 

こんなのもあれば知識的に最高だった。

大学の講義で生命保険に関する講義は一切なく、
正直今でもはっきり分かっていません。
これから勉強していこうと思っていますが、
大学で保険の話があれば学生の関心が高まり理解が深まりやすくなると思います。

保険に関して学ぶ機会がなかった分、
今大学生の方は保険について勉強しておくのがいいように感じました。
大学生のうちに知っておける知識として常に持っておくことをオススメします。

この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リョウオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.