インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

大学で恋愛の悩みを抱えている男性に読んでほしいきっかけと自信のつけ方!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

大学内で綺麗な人を見かけるとついつい気になる年頃だと思いますが、一目惚れしてもあなたは声を掛けることができますか?

 

好意は持ったものの勇気を持って声をかけることができない。近づきたいけど近づくことができない男性は少なくないと思います。

 

普段から女性に興味のない男性が一目惚れしたならそれは大きなチャンス!

 

普段から女性に興味がなければ、この先興味を持つことがあるかどうか分からないですよね?

その大きなチャンスに遭遇したあなたなら大学生活をエンジョイできますよ!

 

男子大学生が抱える恋愛についての悩み

 

 

大学に入ったらまず思うことは「人多過ぎ(笑)」かな。

どこからこんなにもの人が集まったんだろうと思うことも多々…笑

 

そして恋愛についても盛大に悩んでしまう年ごろ。( ゚Д゚)

 

1学年1000人ほどの大学生の中に興味を持って付き合い始める人もちらほらといて、早く付き合っている人ほど早く別れたりしている人もいるかもしれませんが、

それでも1人の人に興味を持ったなら人脈が薄い一回生の時に行動しちゃえば、大学4年間繋がりを持って大学生活をすることが可能です。

 

それでも自信がなく悩みを抱えてしまっている人の特徴は・・・

 

・恋愛ができない
・好意のある女子に近づくことができない
・恋人ができない
・どれだけアプローチしたらいいかわからない

 

これら4つの悩みを解決していきたいと思います!

 

大きな悩みとして抱えているのが「恋愛ができない」

 

大きな悩みとして抱えているのが「恋愛ができない」

こういった考えを持ってしまっている人が多いように思います。

 

学校の校則で縛られているわけでもなく、女子生徒が少ないから恋愛する機会がない。そんな風に考えてしまってはいませんか?

 

たとえ自分が所属する学部の男子の割合が高くても、他の学部には女子が多いてこともあります。

 

周りを見た時に、同じ学部の男子の友達は何で付き合えているのだろうと思うこともあると思います。

 

簡単に言えば、顔がカッコイイから優しいからとかではなく「自分からアプローチしてるかどうか」の違いです。

 

自分から「アプローチ」することができればキッカケなんて簡単に作ることができてしまいます。

 

恋愛ができないときの対処法

 

恋愛ができないと考えてしまっているから「アプローチ」しようと思えないのです。

大学にはきっかけは山ほどあります。

 

例えば

・サークルに所属する
・女子とつながりのある友達を持つ
・自分から声をかける

 

などなど、

 

サークルに入ってしまえば人脈も一気に広がり、サークルのイベントが無くても同じ共通な部分を持っているから遊びに誘うこともできます。

これもまた、間接的なアプローチです。

繋がりがなかったところに、自分自身がサークルに所属して友達になることができた。この一歩がかなり大きく自ら作り出した「アプローチへの道」です。

 

友達になってしまえば遊ぶこともできるし、サークルのイベントでも楽しめるようになります。

 

また、異性の友達と二人きりで遊ぶことができたならデートができたと自信持って大丈夫です!デートができなければ彼女に対して好きという気持ちを直接発信できません。

 

いかにして彼女の心を掴むかが大事になってきます。

 

好意のある女子に近づくことができない。

 

気になる人や好きな人がいても近づくことができないことも多々ありますよね。

そもそも気になっていても繋がりが無ければ無関係のまま終わってしまいます。

 

今までに異性に興味を持っていなかった人が気になった人というのは運命と思ってもいいでしょう。

 

恋愛は「運命」で決まっているといわれるように、ひとめぼれや好意を抱くという感情が芽生えるときは何かが起こるかもしれません。

 

好意のある女子に近づくために

 

自分は相手に対して好意を抱いていても、

「運命」だからといっても相手は自分に全く興味がないかもしれません。

勝手に決めつけてしまって悪い方向に行ってしまいます。

 

繋がりを持つには些細なことでもいいので、同じ大学にこんな人がいるんだって相手に伝えることが必要になります。

 

なのでまずは

・接点を作る
・好意のある人と関係がある友達を見つける
・思い切って声をかけてみる

 

上記の「恋愛ができないときの対処法」でも話したように、

やっぱり自分から動かなければ何も始まらないです。

相手が興味を持っていれば告白されるかもしれません。

 

ですが、最初から相思相愛というのはお互いを知ってから生まれる感情だと思うので、「きっかけ」を作るためにも思い切って行動してみてください!

 

恋人ができない場合には

 

恋愛をしたいけれどしたことがない、あるいはできない。といった人もいるでしょう。

告白してもタイプでないと振られたり、友達との関係をつぶすことができないからダメ、など様々あると思います。

 

実際にぼくの周りの友達もお互いに興味を持ちつつも「友達の関係をつぶしたくない」という思いから恋愛に至らず、友達のまま大学生活を終えた人もいます。

まあこのタイプはなかなか珍しいかもしれません。笑

 

それとは別に、「告白しても振られてしまって恋愛ができない」そう困ってしまったときは・・・

 

告白しても振られてしまって恋愛ができない時の対処法

 

告白しても振られてしまう男性の特徴としてあげられるのが

・地味だったり
・おしゃれじゃない
・チャラい

など、ちらほら。。。

 

大学生は遊びたい年ごろなので、お互いが遊びたい感じであればチャラさとかは関係ないと思いますが、もちろん全員がそんな考えでもなく。

純粋に将来のパートナーになる可能性のある人と付き合いたいと思う女性がいると思います。

大学生の男性も同じように将来結婚したい人と付き合いたいと思っていることだと思います。

 

それなのに恋愛ができない人は「意識改革」から始めてみましょう!

 

・普段あまり笑っていない人は今まで以上に笑う
・服に興味がない人は雑誌を買ってみて勉強する
・今していることを必死で取り組んでみる

 

少しでも自分に不安になる場所があるならそこを意識して改善してみることが大切です。

たとえ顔がカッコよくてもチャラければ、真剣に恋愛がしたい女性に振られます。

ですが、カッコ悪くても人一倍頑張っている人、お洒落な人には好意を抱きやすく、ルックスなんていろんな部分でどれほどでもカバーできます。

 

どれだけアプローチをしたらいいのか

 

上記でも説明したように、好意のある人に近づくには「アプローチ」が必要です。

相手に自分のことを知ってもらわなければ、相手は自分の存在に気付いてくれないでしょう。

それでも、恋愛はお互いが知らない状況から生まれることもたくさんあります。

 

例えば

・飲み屋に一人で来ていた女性と意気投合しそのまま付き合った
・友達からの紹介で付き合った
・SNSや出会い系で付き合った

などなど、
あらゆる場面から恋愛は生まれます。

 

だからと言ってただアプローチをしたらいいわけではありません。

好意のある女性に近づきたく、しつこく声をかけたりメールをしたりすると悪質な方向に行ってしまいます。

 

純粋な気持ちでアプローチをしていても、相手から嫌われてしまっては何も始まりません。

 

そうならないためにもするべきことがあります。

 

いい距離感を持つために

 

いい距離感を持つことができれば「しつこい感じ」も出さずに好意のある女性に近づくことができます。

 

・いい距離感を持つ
・しつこく連絡をとらない
・相手のペースに合わせる
・焦るのではなくゆっくりと

 

この4つのことがかなり大切になります。

簡単にまとめれば「今置かれた状況の確認」をすることで接し方が変わるので、自分だけの気持ちを押し付けるのではなく相手にも配慮した形でアプローチをしてみましょう。

 

全く知らない人に、

 

×どこに住んでるの
×好きな人はいるの
×今まで何人と付き合ったことある

 

とか、いきなり聞いたりすると「何この人」ってなってしまいます。

 

中にはストレートに言ってくれる人の方がうれしいという方もいるかもしれません。

 

ですが、見知らぬ人に先ほど上げた質問をいきなり投げかけられてしまうと相手もどうしたらいいか分からなくなってしまいます。

もしかするとそれ以上の関係もなくなってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、

話を作るためには「趣味」や相手との「共通の話題」を聞くと話が弾み親近感がわきます。

 

自信を持ってほしい

 

この記事を見ているということは、少なからず悩みを抱え不安になっていることだと思います。

ですが、上記で説明したように自分から「アプローチ」することや意識改革」をすることはきっかけ」を作る最高の手段です。

 

真剣になれば自信も必ず付いてきます。

 

自信を持つことができればどんな困難や不安でも乗り越えることができるはずです。

大学生活も4年間と中学、高校よりも長く将来これから付き合っていく友達もできると思います。

実際のところ、やっぱり友達が多い人ほど恋愛をしていて、大学人生も楽しそうに過ごしていました。笑

 

なので、笑って過ごしていれば愉快な人なんだとか印象に残るだけでも親しみやすくなるので、せっかくの4年間笑って過ごしてみてください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.