リヨラボ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

早起きにはメリットがこんなにもあった。超朝方のぼくが習慣づけるコツを教えます。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

早起きする理由や意味が分からないって思っている方に「早起きはこんなにもメリットがあったんだ」と思うことができる早起きの良いところを紹介していきます。

 

あっ申し遅れました、どうもこんにちは!超朝方のリョウです。

 

朝起きるのが得意な人と、起きるのが苦手な人の2つのパターンに大体は分かれることだと思います。

朝早く起きると「まだ寝れる時間あるのにもったいなくない?」って朝が苦手な方は思うかもしれませんが、大体朝めっちゃ早く起きている人ってしっかり寝て自然に目が覚めた時が「早朝」だったりするんです。

1度週間づいてしまえば「体内時計」が「もう朝ですよ」って教えてくれるようになり、気づけばめーっちゃ朝早くに起きていることは普通な生活リズムになります。

ぼくは今日も朝5:30に起きちゃいました。1度目が覚めちゃうともう眠れなくなっちゃうので。笑

リヨ(超朝方)

早起きができるようになると「メリット」の部分を強く感じることができるようになり、「時間の使い方」だったり「健康的な生活」を送ることができるので、これから紹介する「早起きのメリット」は必見です!

ではでは、見ていきましょう!




早起きのメリット

 

 

気分がすっきりする

 

朝起きると真っ先に感じることは「気持ちがすっきりする」ことで。まだ寝れるのにと時間のことを気にしてしまうと「気持ちがすっきり」する経験はなかなかできませんが、夜10時に就寝すると朝に起きたころには「超スッキリ」した目覚めで起きることができます。

気分をスッキリさせるためのポイントは

夜は早く寝ること

これにつきます。

夜早く寝るとどうなるか。

例えばですが、

皆さんが小学生の頃、明日遠足がある時って「めちゃめちゃワクワク」していませんでしたか?次の日の朝がとにかく楽しみで仕方ない。そんな経験をしたことがあると思います。

遠足当日の朝って「めっちゃ起きるの早いですよね」

早いうえに「めっちゃ目が覚めていますよね!」

そんな感覚です。朝早く起きるのが週間づくと、とにかく目がはっきりと開き「今日何しようか!」という「ワクワク感」を強く感じます!

朝から気分がスッキリするのは本当に気持ちいいよ!

リヨ(超朝方)

朝が苦手な人はとにかく早く寝てみると、意外と朝が平気だったりします。

なので、時間があって何もすることが無ければ、1度夜早くに就寝してみてください。睡眠時間をしっかりとる事で自然と起床することができます。

 

時間に余裕ができる

 

朝早く起きている人ほど「時間に余裕」ができます。朝8時起きにの人が仕事に手を付け始めるのが9時ごろだとすれば、朝5時起きに仕事に手を付けるのは6時で、もうこの時点で「スタートの時間」に明らかに差がありますよね。

朝早く起きることができれば「余裕を持った時間分配」をすることができ、何事にも余裕をもって取り組むことができます。

「スタートの時間」が違うだけで、「時間を余裕に使うことができる」のであれば絶対に早起きしちゃいますよね!

スタートの時間で1歩先を目指してみましょう!

リヨ(超朝方)

時間に余裕ができれば得をした感じにもなりますしプラスの部分は大きいですね。

 

 

日光浴ができる

 

早朝の「日光浴」ほど気持ちいものはありませんね。朝が早いと日が昇るのを見ることもできますし、外に散歩しに行くことで日光浴もできちゃいます。ポカポカした暖かい太陽に光が体を芯から温めてくれ、朝のひんやりした澄んだ空気が体の中いっぱいに広がって、朝を楽しむことができます!

これは朝早起きできた人の「特権」ですね!

1日の始まりが日光浴だったら、体をのびのびと動かすこともできるようになりますし、気持ちをスッキリともさせてくれます。

朝の公園に行くと「超朝方」の方が散歩やランニングしていたりと「超朝方」の方を目撃する機会があるので、自分ももっとストイックに頑張ろうって気にさせてくれます!いわゆる「刺激」をもらうことができます。

 

仕事に対する姿勢が変わる

 

朝早く起きるだけで「時間に余裕」ができ、「仕事に対する姿勢」が変わります。

ぼくの場合は前日に明日することをあらかじめ決めて置き、起きたその瞬間から作業を始めます。

リヨ(超朝方)

なので、朝8時ごろにはひと段落して「朝食タイム」に入ります。

もうこの時点で1歩先に行くことができていますよね!

寝る時間が夜10時と早いだけに、仕事を開始する時間も早くすることで1日のスケジュール管理をしています。これが週間づくと今までにはないほど「効率」よく過ごすことができるようになり、「仕事に対する向き合い方」も大きく変わりました。

実は言うと、ここだけの話ですが、

人間は「朝1番ほど頭がさえているんですよ」

起きた時は頭の中(メモリー)が空白になった状態で、いろんな情報を詰め込むことができます。

なので、脳に新しい情報をたくさん教えてあげましょう!

ぼくが朝早く起きる理由にはこのメリットにあります。

せっかくなら時間を有効活用しちゃいましょ!

リヨ(超朝方)

 

健康的な生活を送ることができる

 

先ほど「日光浴」についても紹介させていただきましたが、朝早く起きる人ほど「健康的な生活を送る」ことができやすくなります。

仮に、昼の12時に起きてしまったら朝ご飯を食べることなく昼ご飯を食べることになりますよね。それじゃ身体に栄養が行きわたりません。

朝早く起きるだけで、きっちりと朝昼晩の3食を食べることができると栄養を補給するができますし、朝の食事ほど1日の元気の源になります。

朝の食事は1日を過ごすうえで1番大事な部分なので、朝ご飯をしっかり食べるか食べないかでその日のモチベーションにも大きく影響してきます。1歩先を目指したいのであれば朝ご飯はしっかり食べましょう!

 

生活リズムが整う

 

 

身体には体内時計があり、朝起きた時間を感覚で暗記していてくれています。そのため、朝起きる時間を決めて習慣づけることで目覚まし無しでも普通に起きることができ、目覚ましに頼っている方ほど朝が苦手な傾向にあります。

自然と起きることができればもう「生活リズムが整っている証拠」です。

自分で生活リズムを整えることができるようになれば、1日を有意義に過ごすことだってできるようになります。生活リズムを毎日のルーティーンにすることで朝起きる楽しさに変わることだと思います。

朝起きるのがいつも楽しみです!

リヨ(超朝方)

ここで注意点!
※睡眠の時間はしっかりと取りましょう!

 

朝が楽しく感じる

 

ほとんど上記で説明しちゃいましたが、朝起きて時間に余裕があればめちゃめちゃうれしくないですか?

自由に時間を使うことができますし、1時間も余裕があると1年で365時間も好きに時間を使うことができるんですよ!

そう感じると朝早く起きる楽しさって十分にありますよね。散歩するのもよし、頭がさえているうちに勉強するのもよし、仕事を成功させるために朝1番に頑張るのもよし。なんでも有意義に過ごすための時間としても使用できますね。

人は有意義に過ごしているほど、人生を楽しんでいるのです!

なので、朝を楽しむことが人生を楽しむきっかけにもなります。

1度朝早く起きてみることを実践してみてください。

 

早起きの効果を高める方法

 

 

朝起きた直ぐに顔を洗う

 

朝が苦手な人は、起きたら何も考えずに洗面所へ直行してください。朝の顔は誰もがむくみがちなので、冷たい水で顔をしめてあげてください。すると、視界もよくなりますし、なにより目がシャキってなります。

朝起きて顔を洗うことは定番の中の定番ですが、起きるのが苦手な人ほど実践するべき方法です。

生活リズムが整うと朝顔を濡らさなくても目がシャキってなります。

リヨ(超朝方)

なので、朝が苦手な方は洗面所に直行して顔を洗ってみましょう!

 

朝起きたらシャワーを浴びる

 

顔だけじゃなくて、頭からシャワーを浴びることで完璧に目を覚ますことができます。気合を入れないといけない日とかには最適の方法ですね。気合を入れる準備も必要ですから、シャワーで身体を起こしてあげましょう。

 

朝起きた直ぐに外の風を感じる

 

朝起きたらベランダでも玄関でもどちらでもすぐに直行してみてください。朝の空気ほど澄んだ空気なので大きく深呼吸するとすごく気持ちよく感じます。

大きく呼吸することで「朝だ――――!」と身体の芯の部分から目を覚ましてくれるので、「朝起きた直ぐに外の風を感じじる」ことは目を覚ますには最適な方法になります。

朝起きるのが苦手な方にとってはかなり「効果」を高めることができるでしょう!

 

まとめ

 

朝が苦手な方のために「朝早起きしたときのメリットと早起きの効果を高める方法」を紹介しました。

朝早く起きるだけでも、一日の気持ちの持ちようが全然違うので一度実践してみてください。今まで以上に朝起きるのが楽しくなりますよ!

朝起床してからの日中の活動を高めるために、早寝早起きしてみるのもいいですね!

ではでは、次回の記事で!どろん。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.