リヨラボ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

転職がうまくいかない20代の男性と女性へ。自信を持ちすぎているのが原因かもしれない。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

大学卒業後、新卒で入社し「思っていた会社とは違うかった」を理由に転職する20代の方は少なくありません。ぼくの友達もまた「会社に合わなかった」を理由に転職した方がちらほらいます。

でも、早い段階で「転職」を選んだ友達ほど、第2の職場でのびのびと楽しみながら仕事をしています。

それはなぜかというと、

  • 早い段階での決断だったから
  • 自分に不向きな仕事が分かったから
  • 自分に合った仕事をえらぶことができたから

この3つの経験が人生を大きくプラスにしてくれたから「今を楽しむこと」ができています。

毎日会社に通い、楽しんで仕事をしている人はなかなか見られません。それでも、自分が好きなことを仕事にするために新卒の経験を生かして「転職」している人ほど「楽しんで」仕事をしています。

それでも転職が上手くいかない人は少なからずいて、自信過剰なのも1つの原因なのかもしれません。

転職を考えられている20代の男性や女性の方に「何が原因なのか」を紹介し、自分に合った仕事を選ぶための方法をご紹介します。




転職が上手くいかない20代にありがちなこと

 

自信を持ち過ぎてはいないか?

 

自分を高めるために「自信」を持つことは当然大事なことです。会社でも自信がある人ほど好まれることだと思いますが、自信を持ち過ぎてからぶった時の対処はできますか?

自信を持ち過ぎていると、その自信はどこから来てるの?と面接官、あるいは上司から反感を買ってしまうかもしれません。

自信を持ちすぎるのではなく、「覚悟」をもって面接に挑むことで「強い力」を感じっ競ることができます。

明らかに、「自信」よりも「覚悟」の方が人間性があふれていて、特に20代の方は「覚悟」がやや欠けているので、面接時に「覚悟の部分」をしっかりと強調することができれば面接官に「大きなインパクト」を与えることができます。

なので、優先すべきことは「自信」よりも「覚悟」を持つことが大事です!

 

若いから転職先はいくらでもある精神

 

確かに若い人は転職先は探せばいくらでもあります。特に20代の男性はまだまだこれからで、会社も若い元気のある人材を欲しがっています。

それでも、いくら転職先がいっぱいあるといっても、そう考えてしまっているだけで1つ1つの選択肢が弱すぎて、上記でも説明しましたが「覚悟」の部分が欠けてしまっていることが多いです。

ぼくにはこの選択肢しかない

リヨ

わたしにはこの選択肢しかない

ハルコ

このような気持ちで転職に挑む人と

ぼくには選択肢がいっぱいあるからな~

リヨ

わたしには選択肢がいっぱいあるからな~

ハルコ

対照的に緩い感じで転職に挑む人だったら、企業が求める人材は確実に「覚悟」を持った人材ですよね。

やっぱり「覚悟」を持っていると会社に入ってからのビジョンも描きやすいですし、何より精一杯頑張ってくれると感じることができるので、転職先はいっぱいあるから精神は一旦封印して、「強い気持ち」を持って転職に挑んでみてください。

 

大事なことを面接官にアピールできない

 

「自分はどういう人間味あふれた人か」や「どんな考えを持っているのか」などをしっかりと相手に伝えることができないことも転職が上手くいかない原因としてあります。

ありきたりな面接での言葉になってしまいがちで、いわゆる「テンプレート」にのっとって自分のことをアピールする方も少なくありません。

確かに礼儀やマナーにおいては確実に「テンプレート」という名の「常識」にのっとって面接に挑まなくてはいけませんが、会社が欲しいと思えるポイントは「どれだけ自分のことをアピールできるか」に大きく影響してきます。

自分のことをアピールしなければいけないのに「テンプレート」みたいにありきたりな言葉や文章で自分のことを面接官に伝えても何も響きません。

むしろ、型にはまった言葉や文章であなたのこれまでの人生や考えを伝えることはできますか?

型にそって自分を紹介するなんてもったいないですよね?

だったら何をするか、「あなたの言葉で伝える」これが必要になります。

人間は誰でも「事実」を話すときは正直な顔になります。

そういった一面を見せることができれば「誠実な方だ!」と印象を与えることだってできるので、あなたの言葉で伝えてみてください。

 

諦めが早いことも原因の1つ

 

諦めが早いというのはいい部分もあり悪い部分でもあります。

でも、会社でも求められる人材は「忍耐力」がある人ほど好まれます。長い学生生活でタフな部活をしていれば「忍耐力」の部分でも評価されやすいですし、タフな部活をしていた人ほど「礼儀」も備わっている方が多いと思います。

それでも、今の20代は「楽しい」をモットーにこれまでの生活を送ってきた方が大半だと思います。

悪い部分で見てしまえば簡単にあきらめてしまう姿が見えてしまうかもしれません。でも、自分に合った仕事であればあきらめる以前に「楽しい」ということが先行して、あきらめるの「あ」の字も出てこないと思います。

なので、諦めやすい人の解決方法としては「自分に合った仕事選び」のこれに尽きます!

それでも、自分に合った仕事選びをすることで生涯働く企業になるかもしれないので、諦めやすい方にとっては大事な部分になりますね。

給与などで決めることも大事ですが、長期的に働ける環境づくりも大事なので自分に合った仕事選びを優先してみてください。

 

失敗を恐れている可能性も

 

以前勤めていた会社などで1度失敗してしまい、それが「トラウマ」いなってしまうケースも少なくありません。トラウマになってしまえば克服するのに時間もかかりますが、トラウマを乗り越えてこそ人はどんどん成長していくので、秘めたポテンシャルを開放するためにも「失敗を恐れない」ことが大事です。

就職した会社での人間関係が自分に合わなくて失敗した。ということもあるかもしれません。

ですが、一般的に「新卒で入社して3年未満の求職者」を第二新卒として採用してくれるので、大学を卒業してから就職したけど思っていた会社ではなかったから転職を希望するという方は、「第二新卒」として応募することができます。

なので、1度失敗したからといって「トラウマ」にする必要は一切ないですね!

むしろ、「ぼくは、わたしはまだまだこれからだ」と思える強い勇気を持つことが今後の人生を大きく左右します!

 

退職理由を上手く説明できないから

 

当然、転職を考えている人は前職の退職理由を話す機会があると思います。しかし、退職理由を上手く説明することができず転職が上手くいかない人も少なからずいます。

20代で何度も転職を繰り返していれば、面接してくれる会社も「この子を雇ってもまた辞めちゃうんじゃないか?」と疑問の念を持たれて採用されにくい場合もあります。

しかし、退職理由をしっかりと説明できれば会社も納得することができるので、退職した理由をしっかりと肝に銘じておかなければいけません。

肝に銘じた理由を糧に「将来どのようにしていきたいか」それを自分の言葉で伝えていくことが重要となります。

 

納得のいく転職で内定をもらうために

 

今、転職先を探している20代のあなたへ、

東京、大阪、名古屋、横浜に相談所を構える転職サイトの「20代の転職相談所」は自分に合った仕事選びをするうえでかなり大きな役割を担ってくれます。

  • スキルアップしたい方
  • 自分に合った仕事を探している方
  • 焦らずじっくりと仕事を探したい方

これらの方におすすめの「転職」を届ける「20代の転職相談所」


会員登録も無料で、スマホからでも適職診断ができるのでかなり使い勝手が良く、希望の会社を見つけることができます。

転職相談にも事前予約することで、東京、大阪、名古屋、横浜の相談所で「アドバイザーがマンツー・マンで気になる企業の具体的」なところまで紹介してくれます。

また、「積極採用企業だけを集めた合同会社説明会」も開催しているのであなたの選択肢が幅広い中からじっくりと選択することができます。

自分のスキルに合わせて仕事選びもでき、未経験のことでもアドバイザーから情報をいただくことができるので、新しいチャレンジがしたい方には登録しておくべき転職サイトです。

転職を希望されている方は「会員登録」だけでもしておくと今後の人生が大きく変わります!

未来につながる「あなたらしい働き方」じっくり見つけよう。「20代の転職相談所」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.