りょうろぐ

お父さんお母さんに伝えたい子供のスマホの使い方。

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

私の周りには結婚をしている友人がちらほらいます。そんな年ごろになってきた中で、子供が大きくなった時にはスマートフォンを持たせる親がいると思います。しかしながら、スマホの中にはあらゆる情報が巡りにめぐっており、本当のことから嘘のことまでの情報が純粋な子供たちにとって見分けることができるかどうか。

ここでは危険性を踏まえてどのようにスマホと向き合っていったらよいのか、私の経験を踏まえてお話しします。

 

気づいたらスマホアプリで課金をしている。

まず初めに、子供はスマホの中でどのようにお金が動いているかわからないと思います。というよりも分からないです。

 

よくあるのが、アプリストアでゲームをダウンロードしたときに課金要素が含まれている場合です。

 

今配信されているアプリはほとんど全てに課金要素が含まれています。しかし、そんなことは子供は分かりません。

 

アプリをダウンロードするときには必ずアカウントが必要となりパスワードを入力します初期設定でクレジットカードの入力もあり、そこで登録したクレジットカード情報は課金要素があるすべてのアプリが課金時に認識します

もちろんゲーム内で課金をするときはパスワードを入力しないといけませんが、子供にとって何のパスワード要求か分かりにくい所があります。

 

そんなこともあってか、「数日たって請求のメールが来た」という話をいくつも聞いたことがあります。

 

そのため、最適な手段としてはお父さんとお母さんがアカウントのIDとパスワードを管理することが重要です。

 

ここで知ってほしいこと。

・アプリをダウンロードするときのアカウント、ゲーム内課金時のクレジット情報が入ったアプリは同じアカウントが使用されること。

 

使用されるアカウントが同じ分、パスワードを子供に教えてしまうとアプリ内課金をしてしまう恐れが非常に高いです。なのでアカウントはしっかりと親が管理しておくことが子供にとって最適な使い方になります。

 

TwitterやFacebookのSNSの危険性

スマートフォン1台でいろんな人と繋がりあえることは素晴らしいことです。しかし、SNSには誹謗中傷な言葉がたくさん並んでいます。

 

私も実際に感じたことがありますが、子供にとって誹謗中傷言葉はかなり精神的ダメージを負います。誹謗中傷を批判として受け入れることができているのであれば前を向くことができるかもしれませんが、たとえ文字とはいえ子供にとってはかなりショックを感じます。

 

軽はずみな言葉が相手を傷つけ、もしくは自分自身が傷ついてしまう。そんなことにならないためにもSNSに対してしっかりと理解しないといけないと思います。

 

スマホ1台でいろんな人と繋がれる興味本位からSNSを始めてしまう人が多いと思います。今ではインスタグラムなども流行っていますが、まず第一に子供にプライベートの大切さを伝えておくことが必要なのかなと感じます。

 

学校でも積極的にスマホの使い方を!

つい最近、小中学校で子供たちにスマートフォンの使い方を教える授業があるとテレビで知りました。

 

スマートフォンが普及するなかで、スマホ自体は簡単に手に入ってしまいます。私の時でさえ小学6年生の時には折り畳み携帯(ガラケー)を持っている人が何人かいました。

 

当時は防犯ブザー替わり、もしくは連絡手段のために持たされている人が多く、今のスマートフォンほど誘惑は少なかったです。

 

ですが、次々と最新のスマホが登場し、ゲームアプリが登場し、かなり多くの誘惑があると思います。これからもどんどん技術は進化し、誘惑が増えることが予想されます。

なので、週1回でも週2回でも学校はもちろんのこと、お家でお父さんお母さんがしっかりとプライベートの大切さを伝えてあげましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リョウオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.