りょうろぐ

かっこいい男・できる男の見本となる俳優、市原隼人の名言

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

かっこいい男は何を言っても、何をしてもカッコよくなってしまうそんな世の中。

ルックスや優しさがあるからカッコイイのではなく、芯があり自分を持っているからカッコよくなれる。

芯を持つためには何をすればいいのか、市原隼人の名言をもとに見ていきましょう。

 

今の日本に『大儀』なんてない

市原隼人さんが、日本テレビ系列で2011年4月12日から2013年3月5日まで放送されていた『スタードラフト会議』で『今の日本に大儀なんてない』と言われていました。

・何も考えずに生きている
・何かやらなきゃいけないことをなく生きている

このような目的を持たず理由がなく生きている人が多い。

私はこの言葉を聞いて確かにそうなのかもしれないと感じてしまいました。

少なからず生きる理由や目的があれば、大儀として忘れずにその課題に向かって突き進むことが大事になる。

 

仕事をしてても何のために?

いざ仕事をしようとした時に、仕事を始めた頃の気持ちや始めた理由を振り返ったことがありますか?

正直、自分自身のことを考えても、これから社会人になるうえで何を目的に目標にしていかなければいけないのかはっきりしていません。

なので、市原隼人さんの『仕事をしてても何のために?』という言葉はつまりは課題

仕事してても何のために頑張ればいい?

それが家庭を支えること。
あるいはサービスを提供すること。

そういう気持ちがあれば、何のために仕事をしているのだろうとふと考えてしまったときに、きっと原点に戻って目的、目標、理由を忘れずに大儀を持ってるはず。

当たり前のことだとは思うかもしれないけど、その当たり前を忘れてはいけないことが大事なのだと気づきました。

 

飯食うのものもちろん大事

ご飯を食べるために仕事をすることはもちろん大事ですが、

『何の為に』にやって『何の為に始めた』

忘れがちな人がスゴイ多い

市原隼人さんは

『絶対に俺はその理由を持っている。それは役者として”お客様が楽しんで頂けるのが一番。嫉妬心なんかいらない。敬意と謙遜心があれば”』

の言葉を残しています。

やっぱり市原隼人さんはカッコイイ!

これを踏まえて、何を目標に何を理由にかが分からなくなっても、原点に戻ることができれば芯のある道を進むことができると思います。

初めに目的を設定する事が、『自分を持つ』道しるべになり、自分を磨き上げた人ほどかっこよくなれるのかなと思いました。

私も目標を設定して頑張っていこうと思います!

この記事を書いている人 - WRITER -
リョウです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リョウオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.