インブロ

このブログのテンプレートは「ELEPHANT3」

息抜きの時間を作ってみて気づいた仕事の取り組み方・方法!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

 

皆さんは自分のための「息抜きの時間」を確保していますか?

学生なら勉強、社会人なら仕事に励む毎日。こんな感じの日々を過ごしている今、ぼくの「息抜きの時間」は何だろうと思い、あえて息抜きの時間を作ってみました。

日々パソコンの画面と向き合い、電子機器に触れる毎日。ぼくの生活から今離れることができないスマホやパソコンは仕事をするためには必要不可欠です。

それでも今回は「息抜きの時間」を作るために、あえて息抜きの時間はパソコンやスマホは触らずに手ぶらの状態で息抜きに出かけました。

ここでは「息抜きをして気づいたこと」を紹介していきます。

 

息抜きするために

 

 

まず初めに「息抜きをするため」には常に身の回りにある電子機器から離れないといけないと思い、日頃の作業で使用しているパソコンやスマートフォンを触らない環境を作りました。

そして、いつもと同じ場所にいては普段仕事をしている環境と同じなので、いつもの環境からも離れることにしました。

こんな感じで「息抜きするため」の環境を作りました。

 

仕事がすべてではないと感じる

 

仕事がすべてではないと感じる

これはどういうことかというと、これまでは特に時間も決めることなく自分が納得いくまで作業を続けていて、気が付いたら夜になって一日が終わることが毎日のように続いていました。

そのため、「確実な休みの日の確保」をせず、ほとんど毎日机に向かう日々でした。

休憩時間はあっても休みの日が明確じゃなかった。

リヨ

もちろん仕事をせずに一日休みを取って自分のプライベートの時間を過ごすことはありました。

それでも月1回や2回程度で、正直、自分自身もその環境が苦じゃなかったからだと思います。

そこで気づきました、「仕事も大事だけど息抜きの時間も大事」ということの意味が分かりました。

1つのことを集中的にしてしまうとぼくの性格上「納得いかなければ考え込んでしまう」という意識が働いてしまい、最高のコンディションで仕事に対して取り組めなくなってしまいます。

なので、仮にも行き詰ってしまったときは気持ちを入れ替えるためにも「息抜きの時間」を作る必要があったと気づきました。

 

それでも不安に感じることはある

 

息抜きの時間を作らないといけないと感じたけど、それと同時に不安も感じました。

常に肌身離さず「パソコンやスマートフォン」を持っていたぼくにとって大事な仕事をするための道具でもありました。手放した最初の方は「身体の芯の部分から軽くなった」とそんな感じがしました。

それでも、時間が経つたびに「そわそわ」してしまうというか、もはや中毒症状なのかもしれません笑

それでも今日は休みと割り切りました。

リヨ

どこかで仕事をしないことの不安というものを感じてしまっている自分がいたのだと思いました。

この不安はどうしたら取り除くことができるのだろうと考えた時に単純な答えが頭をよぎりました!

 

休みの日を作るために他でカバー

 

休みを作るためには普段の作業を少し増やせば休みが作れるそう考えました。

するとすると、「休み作れた

自分が単純すぎた…

リヨ

この単純すぎた答えにたどり着いてから、あらかじめスケジュールの予定が埋まった時は、その日を休みにするために「他の日にカバーする」ことをしています。

もちろん、作った休みの前日までに仕事を終わらすように心がけています。後に後にと繰り越してしまうと絶対にしようと思わないから!

この「仕事の効率化」というか「作業方法」をしてからは何も「不安」を感じることなく休日を過ごすことができています!

今を楽しむ方法の秘訣は次々と課題をクリアしていくこと!

 

不安から取り除かれた日々

 

やっぱりどこかしら不安は常に持っていました。

心の不安から全部取り除くことができたかと言われれば嘘になると思います。ですが、「息抜きの時間を作ること」がきっかけで、普段から背負っていた「」が格段と少なくなりめちゃくちゃ軽くなりました!

もうぴょんぴょん跳ねときたいぐらいに!ごめんなさい調子に乗りました笑

リヨ

それでも「息抜きの時間」をきっかけに、今までの自分に「プライベートの時間」と「仕事の効率化」を生み出すきっかけにもなったので一石二鳥というか「自分を理解」した瞬間でもありました。

 

何かしら「きっかけ」がある

 

ぼくの場合は

  • プライベートの時間ができた
  • 不安をきっかけに仕事の効率化ができた

この2つを「息抜きの時間」を作って得ることができました。

今までは「休む」事に対する不安を常に持ち続けていましたが、今では「楽しんで休む」ことが出るようになりました。

それでも次なる課題は「結果を出すこと」なので、次はその課題について取り組まなければいけませんね!

今回、「息抜きの時間」を作ったことで大きな壁1つ乗り越えることができました!と同時にすぐに次の課題「結果を出すこと」という大きな壁にぶち当たりましたが、仕事の効率化ができるようになった今めちゃワクワクしています。

変人なのかもしれませんね笑

リヨ

とある行動がぼくみたいに「キッカケ」にもなったりもするので、何か行動を起こしてみるのもいいかもしれませんね!

 

この記事を見て少しでも「息抜きの時間」からこんな展開があるのかと感じてもらうことができれば、ぼくはこの記事を書いた意味があります。

その時は何かしらのコメントを頂けると嬉しいですね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
リヨです。#ファッション #体験談 #趣味 などの皆に「伝えたいことを・意味あるものを」コンセプトに活動中! ブログ作りに役立つ情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら







Copyright© リヨオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved.